『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 運動器の機能向上サービス取り組み方の紹介 その7

<<   作成日時 : 2007/07/26 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

当施設では個々人のリハを平行集団で行なう前に全員で準備体操をしています。

準備体操の要素は3つ。
筋力強化とストレッチと同時並行課題。

簡単な同時並行課題を入れ込むと
認知症のスクリーニング代わりになります。

というのも
以前の記事にも書きましたが
介護予防対象…つまり、要支援1、要支援2の人は
認知症自立度が自立もしくはTのはずなのですが
現実にはUレベルの人も対象になっていることが往々にしてあります。

包括さんからくる全体プランの左下にチェックリストの結果が記されていますが
チェックリストは質問紙法なので
ご本人が自覚していない場合はチェックが入らないのです。
なので、実際にあったことなのですが
HDS−R15点で「ものわすれ」欄が0/5になっていた方がいました。

私たち療法士の仕事は「診断」や「レッテル貼り」ではなくて
「援助」なのですから
決めつけることではありませんが
でも上記のような方の場合
記銘力低下がある…ということを私たちが理解できているのといないのとでは
リハ指導や自主トレ指導時の対応など、自ずから変わってくると思います。

まして、予防対象の方は
「意欲を維持し自分でがんばる」リハをめざしているわけなので
なおさらだと思います。

正確性が必要なときには
HDS−Rやかなひろいテストを実施しますが
対象者の方に不用意に現実を突き付けるのは
こちらとしても本意ではありません。

課題の遂行のしかたを観察していくことで
わかることもたくさんあるので
利用者の方に負担感のより少ない方法で
情報収集をしていく工夫をしています。


ご参考までに…
「認知症をもつ人が見落とされている」
http://yoshiemon.at.webry.info/200509/article_4.html
「介護予防の目的と対象者について」
http://yoshiemon.at.webry.info/200610/article_6.html
「クリスティーンブライデンさんのこと」
http://yoshiemon.at.webry.info/200509/article_25.html






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
運動器の機能向上サービス取り組み方の紹介 その7 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる