『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS リハ職員の配置

<<   作成日時 : 2007/07/28 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

当施設では個々のリハ職員がそれぞれデイも一般棟も認知症棟もそれぞれを担当しています。

非効率的な部分も確かにあるけれど
それ以上に学べるところが多いというのが実感です。

たとえば
認知症が進行してくると
歩けなくなって車いすを使用していただく状態になりますが
骨盤の可動性が少なくなり
特に骨盤が後傾してしまって
仙骨座りにしか座れない…という方が大勢いらっしゃいます。

じゃあ、歩けている方がきちんと骨盤の可動性があるかというと
実はそうでもなくて
デイの予防の方でも
歩けてはいるものの、座ってみると
骨盤の中間位保持や体幹の抗重力伸展活動が使えない…という方がまた多いのです。

それから
車いす操作…フットプレートの上げ下げやブレーキ操作が習得できずに
自分で移乗してしまって転倒してしまう…というケースも
認知症棟ではとても多いのですが
一般棟にいらっしゃるような、ある程度のバランスが保持されている方の場合
車いす操作が中途半端でも転倒に至らないため
面倒くさがって車いす操作を省略しようとする方もいらっしゃいます。
でも、この時期に身につけておかないと
心身の老化が進んだときに困る事態に直面する…ということが想定されます。

老健では、いろいろな障がい像をもつ方と出会います。
心身ともに軽い障がいの方から重度な方
一概には言えないけれど
それでも、障がいの時系列的変化を
生活上の具体的困難とともに知ることができます。

その出会いによって学んだことを
他の方にも還元できる

看介護職員との連絡の非効率などはあるにせよ
それをはるかにしのぐメリットがあると考えているので
現状の職員配置を選択しています。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リハ職員の配置 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる