『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS スプーンの工夫

<<   作成日時 : 2007/07/29 23:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

お年寄りが使いやすいスプーンの工夫について考えてみました。

以前に
通常の介護用品として販売されている介護用スプーンは
お年寄りの手や口には、太すぎたり重すぎたり大きすぎたりして
案外扱いにくいという記事を書きました。

「太い握り手のスプーンが使いにくい理由」
http://yoshiemon.at.webry.info/200510/article_2.html
「お年寄りのスプーン」
http://yoshiemon.at.webry.info/200605/article_8.html

最近は
3点支持ということを考えて下記のようなスプーンを作ることもあります。

スプーンを指先だけでなく、指先とウェブスペース(親指と人差し指の間のこと)の3点で支えられるようにしています。
スプーンの柄にある程度重さと大きさのある市販のスポンジをつけてみました。
指先で把持する部分はそのままです。

画像


画像



こちらは、ウェブスペースに沿わせるようにして熱可塑性プラスチックで作りました。

画像


ここで疑問。
太い握り手のスプーンが使いやすいと思われて
これだけ商品化されてきた理由がきっと何かあるにちがいないと考えてきたのですが
ウェブスペースでの安定性があげられるのでは…?と考えました。

握り手が太い→ウェブスペースでの安定性が良い→使いやすいスプーン
という誤解から太い握り手のスプーンが商品化されてきたのでは…?
スプーンの柄が太いと必然的にウェブスペースで支えるようになって安定性が増したようにみえるけれど、本当の理由は柄の太さではなく安定性にあった…

ちょっと、ここで試してみてください。
カレースプーンのほうが「感覚」が明確にわかりやすいと思いますので、ご用意を。
まず、カレースプーン普通に持ってみてください。

持ち方には、人それぞれの持ち方があるかと思いますが
ここではあえて、指の先っぽだけで、スプーンを持つようにしてみてください。

次に
指の先っぽと親指〜人差し指の付け根にかけてスプーンの柄をのせるようにして持ってみてください。

どうでしょうか?
安定性についての違いを感じ取ることができましたか?
人によっては右手よりも左手のほうが違いを感じ取りやすいかもしれません。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スプーンの工夫 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる