『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸小紋染師 小宮康孝  その2

<<   作成日時 : 2007/08/04 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日紹介したコーナーの続きです。

「ここに、ある織元ができるだけいい糸を使って
できるだけ密に織った生地があるけど、
ずいぶんゴワゴワしてるでしょう。
確かに上等には違いないが、肌にくっついていい感触じゃない。」

こういうことって、よくあることのように感じます。

なにかをつくる…ということは
そこに目的と対象がある。

どんなに良い材料でどんなに良い作り方をしても
目的にかなわなければ使えない。
当たり前のことだとは思うけど
当たり前のことなのに、なんだか忘れ去られているようにも感じます。

「病気は治したが患者は死んだ」とは医療の世界で聞く言葉です。

リハの世界でだって
リハ室で立ち上がりやら歩行練習やらを一生懸命やっていつつも
実際の生活場面では
靴が合わずにベッドやトイレでのトランスファーのたびに
靴が脱げてしまい、足下が不安定になっていて
本人も介護者も神経を使って困っていた
…なんてことが実際にあります。

小宮康孝さんは
「なんでこんなことになるのかというと、
実際に身につけるお客さんと接しないで自分だけで考えてるからだ」
とおっしゃっていました。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
一所懸命にトイレ誘導し、尿意を失わせった・・(膀胱に尿が満タンになる前の誘導だったために)。。これにも、繋がりますかしら?
最近感じていることは、あらゆる場面で疑問に思う「感受性」です。「思考停止」とも繋がりますかしら?

2007/08/05 08:16
>一所懸命にトイレ誘導し、尿意を失わせった・・(膀胱に尿が満タンになる前の誘導だったために)
まさに愛さんのおっしゃるとおり。

>あらゆる場面で疑問に思う「感受性」です。
愛さんの疑問に思う「感受性」は、私の言う思考停止と繋がっているように感じます。
もし、よかったら愛さんの疑問に思っていることを教えてください。
spersnza
2007/08/05 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸小紋染師 小宮康孝  その2 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる