『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 乗越えたご家族

<<   作成日時 : 2007/08/07 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

満面の笑みでお年寄りをお迎えに来られるご家族がいらしゃいます。

お会いするたびにステキな方だな…と感じるのですが
きっとここまで来るには、いろいろな不安や葛藤があったのではないかと思います。

というのも
ご家族だからこそ、なかなか「体調にあわせて生活する」ということができにくい場合もあります。
いつまでも元気でいてほしい。と思うからこそ
「身体を動かしましょう」「はい起きて」と言ってしまうかもしれません。
(それに輪をかける療法士もいますが)

でも、かったるい時に「疲れた」と言えることってすごい能力です。
その時にちゃんと休めることが大切です。
だって、私たちだって、疲れてるのに無理無理働けば、もっと疲れちゃうでしょう?

お年寄りの体調にあわせてリハビリする、生活する。
なんでこんな当たり前のことができにくいのか
実は、療法士の責任も大きいんじゃない?って思ってます。
(このあたりのことはまた別の記事で)

「今日は午前と午後と昼寝をしました」
「疲れたようで、1日だらだらして過ごしました」
って連絡帳に書いてくださるので
「引き続き、お身体の調子にあわせてお過ごしください」ってお返事してます。

「休みたいときには休んでも大丈夫なんだ」
そう実感して安心するまではきっと不安もいっぱいあったのではないかと思います。
ご家族の方がお気持ちのほんの一部を吐露されたときにお聞きしたこともありますが、きっとそれ以上の思いを抱えていらっしゃったと思います。

今では、ご本人様はすっかりお元気で
家事のいくつかをなさったり、宅配便の受け取りをしたり、ひ孫さんと遊んだり
とてもおだやかなお顔をしていらっしゃいます。

同時にできなくなったこともやっぱりあります。
季節の勘違いとかさまざまな物忘れとか…
でも、できることもいっぱいあって
ご家族の方が上手に
「できない」ことはカバーして
「できる」ことをともに「楽しむ」ようにしていらっしゃいます。

すごいな。
こういうふうに変われるのってすごいな。
そう感じます。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
乗越えたご家族 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる