『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 認知のある方

<<   作成日時 : 2007/09/11 21:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

???

最近、よく聞く言葉です。
話の流れから「認知のある方=認知症のある方」なんだな…ということはわかるのですが、日本語としてヘンですよね。

だって、そのまま「認知のある方」とその部分だけ聞き取れば
「認知のある方=認知力のある方」となります。

「痴呆」という言葉を「認知症」と言い換えるようになってからしばらくして
この言葉がやたら使われるようになっているように感じます。
私が働いている施設では、ほとんど使われていませんが
研修の場などで会う介護職の人たちがよく使っています。
とりあえずは使われている「場」での混乱はないようなのですが
でも、言葉は適切に使ったほうがいいと考えています。
研修の場では、その場で伝えるのですが
言われたほうは、ふだん当たり前のように使っているので
びっくりするようです。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
認知のある方?? 確かに??ですね。
あまり、周囲で耳にしませんが。。
でも、認知症という言葉も奇妙だと感じています。認知力が低下するから??
分裂病が統合失調になった時は、言い換えているが、同じ意味だと感じましたが。。(なので、病名の変更に意味は感じませんでしたが)

病気に対する偏見の改善案であったと理解していますが、病名に対しての偏見は、病気に対する知識の啓蒙活動をしていく以外に無いように思われます。
私の周囲には、経度の認知症状(これも変な言葉 笑)の方や、ほぼ、数種類の単語くらいしか話されない方がおいでですが、それぞれに関わりは楽しいものですが、重い認知症の方とコミュニケーションしている時は何ともいえず、癒されます。言語を必要としないコミュニケーションって素敵です。支援しているのではなく、支援されているようです。。。。
また、記事へのコメントではなくなりました。お許しを。

2007/09/11 21:58
追伸
言語を必要としない、というのは少し違ったかもしれません。シャワーのように沢山の言葉や、説明の多い言葉を必要としないと言えば、少し近いかもしれません。。。。

2007/09/11 22:08
横道追伸2
当ホームのスタッフで、本当に心優しくまじめなスッタフがおりますが(入職5か月)平均介護度3.5(変な物差しですが)のユニットに勤務して、日々一所懸命に業務に取り組んでいますが、言葉の理解などが難しい方ににがてなようです。「あの人トイレで手を洗う」と、困っています。その意味や対処は教えられるけれど、その行為をみて、癒される私の気持ちは伝えられるかなぁ・・
「その行為をみて癒される」これも、誤解を生むかしら?
ぎゃぁーとかなってしまうのは感性??
知識の問題では無いとは思うけど。。
入職したての8年ほど前、初めての夜勤で(老健でした)夜の当時の地方棟を見たときの楽しかった事。。今でも、思いだし笑します。
痴症のちの字もわからなかったし、思いも理念もなかったけれど、そこの入所者の方々とのコミュニケーションは楽しかった。何も考えなかった分だけ余計に楽しかった思い出があります。。。いろいろな事柄が理解出来ない人達など、誤解や偏見の多い、今とは違った楽しさですが・・・(今も理解しているのか疑問ではありますが)・・・・
・・・・・・ご静聴ありがとうございました。。

2007/09/11 22:39
>病気に対する知識の啓蒙活動をしていく
私もそう思います。
呼称が「痴呆」から「認知症」になって良かったな…と私が思うことは中核症状のニュアンスが含まれていることです。
まだまだ「認知症=周辺症状」という誤解が多いのですが、「認知症=中核症状(+周辺症状)」という理解が広まっていけばいいな…と思っています。

認知症をもつ人が抱える困難や不安や悩みは決して特別なものではなく、私たちに「生きる」ということそのものを問いかけてくる。
認知症をもつ人とのコミュニケーションの困難も喜びも、私たちの「あり方」そのものを問いかけてくる。
そんなふうに感じています。

クリスティーンブライデンさんが言った
「もしもあなたが望めばあなたの住む世界に橋をかけることができる」という言葉が忘れられません。
spersnza
2007/09/12 22:26
横道追伸3
>認知症をもつ人が抱える困難や不安や悩みは決して特別なものではなく
本当にそう思います。共に生活していて、同じような悩みをかかえているなって思います。子供の事が心配だったり、独立した子供を持つ歳になっても母が恋しかったり
(いい自律、ナチュラルな自律の仕方をしていないので。。かな?)
その思いを仕事への思いにすりかていたり。。。
お年寄りと同じベットで昼寝している時間によくそう思います。。。なにか。。同じ思いだなって

2007/09/15 22:28
自分の感情を自分自身でも感じないようにせざるをえなかった…ということがまざまざと迫ってくることがよくあります。
自分の感情をどう表現するかということと、感情をありのままに感じとるということは別のことだと思うのですが、いろんな抑圧がかかってくる。自分でもかけている。
「ガラスの天井」ではありませんが、今の日本には過去とは別の「かたち」を変えた抑圧がたくさんあるように思います。
spersnza
2007/09/16 19:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
認知のある方 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる