『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分自身の実習指導の課題

<<   作成日時 : 2007/10/05 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

前の記事の続編です。

私が実習指導で自分自身に課していることは
学生に知識や技術そのものを教えるのではなくて
(知識や技術は更新されていくものですし、唯一絶対の正しいものなんてなくて、その時その場で適切だったかどうかが問われることだと考えているので)
将来、知識や技術を適切に扱えるようになるために
そのための「対し方」の基礎を
知識や技術の適用という体験を通して、学生自身が学べるように援助することです。

…言うは易し、行なうは難し。

2週間の評価実習だと最後の体験学習がどうしても手薄になってしまいます。
学生自身がようやく課題解決の道を認識し、実践した結果を検証し、修正する…この過程に片足をつっこんだころに実習が終わってしまいます。

今の私には
学生がどんな特性をもっていて、どこでつっかかっているのか、見極めて確認するのに3日。
指導の方向性を仮決めして、確認して、決定するのに2日。
最初の1週間は、学生の体験学習の下地作りで終わってしまいます。
このあたりをもっと短縮できると学生自身の体験学習が深まっていくんだろうけど
…う〜ん、難しい問題です。
だって、最初の学生の状態把握でズレちゃったら、後から修正するのこそ時間がかかるし、第一、学生にも失礼だし…。
確度は落とさずにより早く把握できるようになること。
今の私の課題です。

自分自身の眼でみて、自分で考えて、判断して、実行して、検証して、修正する。

有名な人の言うことは鵜呑みにしたり
名もない人の新しい知見に耳を傾けようともしなかったり
他の業界の斬新なアイデアをよく知ろうともせずに一蹴したり
そんな人が多いので
未来の日本の保健福祉をしょって立つ若者には
自分で自分を育てていけるようになってほしいものです。
そして、知識も技術も更新していって、より真実へ近づいていけるように
がんばってほしいものです。

そうやって人にがんばらせているだけでは口先女になってしまうので(苦笑)
私も少しずつですが、でも毎日がんばっています。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
>自分で自分を育てていけるようになってほしいものです。

本当にそう思います。そうなる術をどう指導できるか?その方法を日夜苦悶しながら考えてます。笑^^ 
 
セルフの人が少ないように思います?私の周りだけ?

自動の方は少なくて、手動であるだけならいいのだけど、何重にもロックがかかっているような・・・・・

これって、ディベートするチャンスや経験の不足??

いつかよっしーさんがおっしゃていた、「言語化できないのは言語化できるほど理解できていない。」という事だとは思うのですが、言語で思考するわけなので、理解力自体が低下しているのでしょうか?・・・ある種の若い達・・・
 オバサン 暴露!!・・・でした・・・・

2007/10/06 22:28
若くてもオバサンでも、どれだけ「いい仕事をしたい」と思っているかどうか…だと思います。結局は。
成長する…というのは過去の自分から脱皮する(殻を破るのには痛さも伴うでしょうが、破らなければ大きくなれない)ということだと思うし、成熟する…というのは中身が変化していく(形は同じまま変化していく…深みが増す)ことだと考えています。
「いい仕事をしたい」のが先か「今の自分」でいることが先なのか…この心構えを就職前にきちっと養成しておかないと…と思う今日この頃なのです。
相手の中に変化への抵抗しかないときには…どうしたらいいんでしょうね。。。
でも、状況は変わるときがきっとくる。
自分にできることといったら、いつかその時が来るまでメゲずに牙を研ぎ、背中で語り続ける…。
どうしようもない時には、オバサンパワーの特権で(苦笑)有無を言わせず「一喝!一蹴!」
…したって、その場かぎりなんですよね。。。
spersnza
2007/10/09 00:11
>自分にできることといったら、いつかその時が来るまでメゲずに牙を研ぎ、
爆笑!!・・・でも、そうですね。

何度でも、説明し、語りかけていく・・
そして、自分も磨いていく・・・

遠い〜とおぉい〜♪ 遙かな道をぅ〜♪♪〜

2007/10/09 09:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分自身の実習指導の課題 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる