『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS できることをやる

<<   作成日時 : 2007/11/22 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

スッキリと視界が晴れていくような気持ちです。

脳に階層性があるから
世界の階層性を見いだすことができる

ならば意識していないことがわかるわけない。

勘というのは無意識下での論理的思考の発露
とは峰島由宇のセリフだそうですが(知ってる?)

できることをやる。
ただやるだけでなく、論理的矛盾のないように意識してやる。
世界は混沌としていてわからないことがたくさんある。
それこそわからないくらい。
だからこそ、自分のやることくらいは意識してやる。
やってみると自分の予測とのズレがよくわかるから
何がどんなふうにズレていたのか考える。

これってまさしく大脳新皮質のはたらき…記憶による予測と照合…そのままじゃん!
詳細は「考える脳、考えるコンピューター」関連の記事をご覧ください。
http://yoshiemon.at.webry.info/200609/article_17.html
http://yoshiemon.at.webry.info/200609/article_16.html
http://yoshiemon.at.webry.info/200510/article_37.html
http://yoshiemon.at.webry.info/200710/article_16.html

なぜ体験型研修が良いのか
なぜ「わからないのはどこ?」と聞いても有効性がないのか
なぜできることをやるリハビリのほうが効果が出るのか
認知症をもつ方のできることをみてとることが大切なのか

見れども見えず、聞けども聞こえず。
意識していないことはわからない。

体験していないこと、わからないこと、できないことには
意識をむけにくい。

だから
実習生とか若い人とか他職種の人に対して指導するときには
まずできるようにすることのほうが先。
そういう方法論を考えるほうが先。
できるようになってから
意味を伝えていく。

できないうちに意味を伝えても
抵抗がおこるか、聞き流されてしまうか
せいぜいよくても(よくても、を強調しておきます)
頭でっかちで行動が伴っていないことの自覚ができていない。
あるいは
心でっかちで行動が伴っていないことの自覚ができていない。
…ってことになってしまいます。

今さらながらにわかってきました (^^;)

でも、すっごく気分スッキリ
脳の中がスッキリと澄み切っている気分です。

まさしく
私にとってのシンクロニシティが起こって
そのおかげで
いろんな断片的なできごとが
その底でむすびついていることに気がついた
そんな感じです。

静かな感激…。

できることをやる。
その意味を明確に掴んだ実感がある。
でも、きっと
何年かしたら
さらにその先にあるものに気がついて
今日の自分を懐かしく思う日がくるんだろうとも思う。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰していました。
「わかった」という境地に達したことがブログの文面から読みとれます。人は動きながら学んでいく、整理していく。いろんな文献にそのように書かれていても、実感としてわかることってたいせつですね。それは、よっしーさんがいつも問題意識をもって動いている成果なんでしょうね。
ぷろPT
2007/11/23 16:48
ぷろPTさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

私にとっては「考える脳、考えるコンピューター」との出会いが本当に大きかったです。
初めて出会ったときの感動と
なんだかよくわからないけど
私にとっての大切な本になるという「勘」。
それがだんだんと「かたち」になり
さまざまなことがらを掘り下げて見る「眼」になり
バラバラなように見えたできごとたちが
私にはたらきかけていた「ことば」を
私がようやく、はっきりと、くみとることができるようになった実感はとてもとてもうれしいものです。

シンクロニシティには
明敏であろうと意識してきたつもりですが
もっと感度を上げられるようになりたいです。

speranza
2007/11/23 21:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
できることをやる 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる