『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 生活目標が適切に設定できること

<<   作成日時 : 2007/12/14 19:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

そのことが意味することは、とても大きいと考えています。

ムッとする人が大勢いることを承知ではっきり書けば
お年寄りの施設に勤務する人で
生活目標が適切に設定できる人は、そうそういません。
実習生に対して適切な目標が立てられる療法士が少ないのと同様に。
また、目標が適切でないにもかかわらず、自覚すらない人も多いでしょう。

それは何を意味するか
私は非常に大きな危惧を抱いています。

適切に目標を設定できない…ということは
対象者の理解ができていない…ということを示しているからです。

ひとつには、目標の設定のしかたを学んでいない
という根本的な問題があります。
これは当施設に限らず、どこの施設でも同じでしょう。
養成校や実習指導者の課題でもあると思います。

もうひとつは
対象者を見ているようで見ていないという現実があります。
オムツ交換はしているし、食事介助もしているけれど
「援助」ではなくて「している」ことだから
こちらがしやすいようにするにはどうしたらいいか
という観点で考えることはあっても
対象者の援助という観点ではないから
排泄に関する対象者の能力と困難の理解ができない。
食事に関する対象者の能力と困難の理解ができない。
という現実がおこってきてしまっています。

だから、対象者にとって「必要」で「可能」な目標を「明確に」設定できない。

つまり
生活目標を適切に設定できるということは
対象者理解ができるということの反映でもあるわけで
逆にいえば
生活目標を適切に設定できるようになるための努力は
対象者理解ができるようになるための努力と同義だと考えています。

人によっては
大きな抵抗をひきおこす作業でしょう。

否が応でも、自身の現実に直面させられてしまうからです。

でも、逆の見方をすると
対人援助…という仕事なんだから、できて当然。であるわけで。
できなきゃ努力するしかない。わけで。
そのための援助は施設側がするにしても。

もうひとつ
私が強く感じていることは
生活目標が適切に設定できるようになるということは
対象者を「みる目」を養うことでもあり
それはつまり「人をみる目」を養うことでもあるわけで
根本的には自己との対話を促さざるをえないわけで
究極的には、職員間のいざこざを
根本的に少なくする効果的な方法でもあると思うからです。

おおっぴらに言う人は少ないけれど
お年寄りの施設で働いていると
職員間のいざこざってとても多いでしょう?
まともなことであっても、注意する人がけむたがられるでしょう?

対象者をきちんとみる目があれば
職員同士、お互いをきちんとみることができるようになる。
誰かがくだらないことを言ったとしても
それにひきずられずにすむと思う。
くだらないことを言う人にひきずられる…ということは
その人もそういう要素を持ってるから。
朱に交われば赤くなる…というけれど、
自分の中に朱がなければ赤くはならない。
朱があるからこそ、赤くなる。
正確に言えば、自分の中の朱を自覚し、常に意識していれば赤くはならない。
そういうことを自覚できるようになると思う。

だから、生活目標が適切に立案できるようになる…っていうことは
とても大きな変化をもたらすことになると考えて
そうなったらいいな…と考えて
いろいろ言ったり、やったり、こんなふうに書いてるんだけど。

だって、状況は危機的。
問題を先送りにすればするだけ事態が悪化していくのは目に見えてる。

今の私にできることはこれで精一杯。
できることをやるだけ。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
よっしーさんの仰ること本当によくわかります。病院でカンファレンスしていていても機能レベルの評価の報告会に終始。その先がない!その人、その人の家族、生活、地域を考慮しての目標設定なんて今の病院でもあり得ませんね。介護保険が制度化されてから、益々その辺は淡泊になってきたのではないでしょうか?ケアマネさん、介護保険で何とかなる・・・・。自分達で線引きしている可能性もありますね。
ぷろPT
2007/12/17 19:16
ぷろPTさん、コメントありがとうございます。
病院でもそうなんですね。
>自分達で線引きしている可能性
う〜ん、そうなんですよね。
結局は「自分達で」なんですよね。
speranza
2007/12/17 22:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
生活目標が適切に設定できること 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる