『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 活動の豊かさ その2

<<   作成日時 : 2008/01/28 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「深きは深きを知るもので」

これは「ゲド戦記」のコケばばのセリフです。
初めて目にしたときから、ずっと心にひっかかってるセリフです。

活動には
その人そのものが投影される。

だから、その人の良い面を良い方向性で
発揮できるような活動を提供できたら
それは、その人を理解した…というコミュニケーションにもなる
そう考えています。
(良い…という言葉がいまひとつ的確じゃないんだけど
 適確な言葉がみつからない…)

だから
現実的になにかできた…ということは
確かに「私たち」にとっての喜びではあるけれど
だからこそ、注意深くありたいと思っています。

もしも
表面的になにかすることのために活動を提供したとしたら
それは、自分のありかたとして
利用者の方に伝わり、同じ「層」としての相手からかえってくる
…んじゃないかなぁ。

でも
もしも、その活動をしているときの利用者の声に耳をすませば
もうひとつ奥にある「層」の相手から、かえってくる言葉をききとれる
…んじゃないかなぁ。

もしも
ケア=○○させる、ことではなくて、○○することの援助
…環境を感受し、認知し、判断し、意思し、行動する
…そのような環境との関わりのループの形成の援助だとしたら
活動だって、そうだと思うし
身体的なリハビリだって、そうだと思うんです。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
活動の豊かさ その2 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる