『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 素朴な疑問

<<   作成日時 : 2008/07/13 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

それは自分の体験からです。

私はこどもを帝王切開で出産しました。
手術後、お腹をさらしでぐるぐる巻きにされていて
トイレに立つ事が許されたときに
さらしをはずしたら立位を保てず
ふらっとして、あわてて手すりにつかまったことを覚えています。

でも、それってその1回きり…だったんです。

2回目からは、ふらつかなかったんです。

筋力低下でふらついたのなら
当分の間、ふらつきは続いたはずですよね。

これって何を意味しているのでしょう?

初回のふらつきが私には本当に予想外のことだったので
以降、私が相当用心した…ということも関連しているでしょう。
でも、筋力低下だけだとしたら
用心しようがしまいが、ふらつくはずです。
だって、腹筋の筋力強化なんてやってませんから(苦笑)

…とすると、考えられるのは「脳」…身体のコントロールではないでしょうか。

初回のふらつきは
脳が手術前のイメージでいたから、術後の腹筋の筋力との誤差を計算せずにふらついてしまった。
そのふらついた感覚をもとに、誤差を修正したから
2回目以降では身体の状態が大して変わっていないのにふらつかなかった
…そうは考えられませんか?

当時の私には
この体験が意味することがよくわからずに
ただ、鮮烈な体験として強烈に記憶に残っていました。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
 私が右脳被殻出血で救急病院に運ばれ、集中治療室で意識が少し戻ったとき、左上下肢が動かないのに気がつきました。が、なぜ動かないのかも、そもそも何故病室にいるのかも理解できませんでした。
 集中治療室から病室に移動したときに、「動けるようになるためにはリハビリをしないといけません」と言われ、「骨折などしてないのにどうしてリハビリが必用なのか」理解できませんでした。

 ドクターの説明を聞き、「整形外科的な訓練ではなく、脳のリハビリであること」を理解したのです。
 ベッドにいる時間が多くなると当然筋力も低下するとは思いますが、先ずは脳の問題なのだ。だから筋力を鍛えるような訓練ではなく、簡単な動きを短時間・繰り返し行うのが効果があるのだと判断しました。 
マサおじさん
2008/07/13 17:11
久しぶりにコメントさせて頂きました。
脳が、お子さんの重さ、さらしでまかれたときの体幹の締め付けなどと病室の環境適応など
うまく初めはいかなかったのでしょうか?
脳卒中などで急性期のリハビリなどでは脳を
治療する方法として認知運動療法などがあると思います。
あとは足に5sくらいのおもりをつけて歩いた
あとに、はずすと軽く感じてかえって変な感じをするのも、脳がフィードフォワードとフィードバックの結果何か調整が上手くいかなかったりしているのかもしれないですね。

はじめ
2008/07/13 19:45
マサおじさんさん、コメントありがとうございます。

>「整形外科的な訓練ではなく、脳のリハビリであること」を理解した
そうなんですよね。
基本的な理解が一番大切でしかもなぜか疎かになってしまっているように感じます。

脳卒中後遺症をもつ利用者さんでも、整形外科的な訓練を要求される場合もあり、過去にそのようなリハを受けているので、改めて説明しても理解してもらえない…ということもありました。
やりきれない、納得できないのは利用者さん、患者さん…だと思いました。
speranza
2008/07/13 22:01
はじめさん、コメントありがとうございます。
お元気ですか?

私がふらついたのは、初めて立位で自分でさらしをはずした時だけで、用を済ませてからもう一度立ったときに(ふらつくことを予測して立ったのですが)ふらつきませんでした。

この体験の意味をきちんと言語化して理解できるようになったのは、ずっと後のことです。

たった、これだけのことでも、脳は体験から予測をしている。修正をしている。

それは電撃的な瞬間でした。
speranza
2008/07/13 22:13
お願いがあります。
「マサおじさんさん」ではなく、「マサおじさん」と呼んでいただければ嬉しいです。
自分に「さん」を付ける変なおじさんです。
マサおじさん
2008/07/13 22:58
マサおじさん、すみません。
ずっと変な感じを抱えながらも、読んでくださっていたのでしょうか?

改めまして、これからもよろしくお願いします。
speranza
2008/07/13 23:33
speranzaさん
お返事ありがとうございます。
元気にしていますと言いたいところですが
あまり元気ではないです。
でもいつもこのブログを見させていただいて
すごく感心したり納得したり、共感できたり
ととても勉強になります。
すごく感覚は大事だなと思っている今日この頃です。
言語化にできないこともたくさんあるのだなと
痛感している所もあろます。
またよらせていただきます。

はじめ
2008/07/14 08:17
はじめさん、いつもお立ち寄りくださいましてどうもありがとうございます。
読んでくださる方がいる…ということが私にとっては本当に励みになります。

いろいろなことが起こる現実の中で、いつも呪文を唱えつつも(ヘンな呪文じゃないですよ)「状況はいつかきっと変わる。その時にそなえて牙を研ぐ」とか「7世代後の人たちのためになることを言っているか、考えているか」とかそういう呪文です(苦笑)そういう呪文を必死になって言い聞かせていても、時には心折れそうになることもたびたびです…。

でも、読み続けてくださる方がいる…ということが本当に励みになります。

現実のしがらみにとらわれずに「交流」することができるのが、ネット社会の善いところでもあり、限界でもあるのでしょうが、善い面を善い方向で活用することによって、自分にとっても他の誰かにとっても、ほんの少しでもプラスになればいいな…と思っています。

はじめさん、これからもよろしくお願いします。
お身体、お大切になさってください…。
speranza
2008/07/14 09:57
本当に、色々ご苦労があおりになると思います。
私は恥ずかしながら、ちょっとしたことから、
身体を壊し、心折れ、休息後、また立ち直りつつありましたが、また体調崩し休息しています。
〜のためにで頑張ってきてでも体調を崩し、PT
としては、色んな物を失ったり、得たり、ありましたが、とにかく本当に前進しているのか後退しているのかわからないですが、このブログみさせていただいて共感する部分が大きいので
是非続けて頂ければと思っております。
こちらこそよろしくお願い致します。
speranza
2008/07/14 20:21
前の文章でニックネームの所にsperanzaのとこを間違えていれてしまいましたすみません(汗)
はじめ
2008/07/14 20:23
毎週(日)午後9時からTBSの「Tomorrow」を観ています。
13日放映分で岸辺一徳さん演じる仙道さんが竹野内さん演じる森山さんに言った「時には逃げることもあっていいんじゃない。時間が必要なこともあるでしょう。あきらめてもまたやり直せばいいじゃない。」のセリフにグッときました。

どうぞお身体お大事に…。
speranza
2008/07/14 21:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
素朴な疑問 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる