『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 同じことがおこっている

<<   作成日時 : 2008/09/08 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

話ができれば認知症じゃないという誤解がまだまだあるのと同じように

歩ければ大丈夫という誤解が蔓延している。

水野肇が全国大会で
「認知症がこんなに増加するとは(老健創設準備)当時は思ってもみなかった」
と言ってたけど
認知症をもつ人そのものが増えたのか、
疾患理解が進んで診断率が上がったのかは誰にもわからないと思う。
今だって、認知症の中核症状がはっきりある人でも
「認知症」という診断名がついていない人はものすごくたくさんいる。
厚労省が出してる推計以上に認知症をもつ人はたくさんいるし
これからもっともっと増えてくると感じています。

同じような意味で
杖をつかずに歩けてはいるけれど
身体の使い方が低下している人ってとてもたくさんいます。
でも、何も診断名はつかない。

「健康」と「病気」の境界は曖昧。

医師は病気を診断するけれど
障がいの専門家と呼ばれている私たちだからこそ
「病前」の状態で
心身ともに、より健康な能力を発揮できるように
援助することもできる可能性があると思うのだけれど

能力を見いだす…ほうが
本来の療法士としての役割で
リハ思想Re-habilisの具現化でもあると思うのだけれど

現実には
長崎浩が著書のなかでいみじくも指摘したように
狭義の治療論に「退行」していくおそれがあると感じています。

それは
初等教育の世界において
「こどもの個性尊重」をスローガンに掲げながら
実践では旧態依然とした方法論がまかりとおっていたり

ICFを声高に主張しながらも
実践の枠組みではICIDHを援用している療法士があまりにも多いという現実があったり
(ICFについてはこちらを)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/08/h0805-1.html
(関連する記事はこちら)
http://yoshiemon.at.webry.info/200705/article_24.html
http://yoshiemon.at.webry.info/200708/article_8.html
http://yoshiemon.at.webry.info/200807/article_12.html


利用者本位のケアを…と言いながらも
利用者のいる前で職員同士の私語を慎むことすらできなかったり

同じことがおこっている。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
病気という名のもとに認知症であるかないか
の白と黒に分けているかんじがします。
一人一人は、状態がかなり違います。
それをうまくとらえてアプローチしきれない
人が多いのでしょう。
問題行動と呼ばれているものがそれを抑える
事が善であり、何故そのような行動を起こすか
を深く考えられないのでしょうね。
医師は薬で行動そのものを抑制(動く意欲をなくす薬)することが多いと思いますがセラピストはもっと違う側面から考えないといけないのは当然と思いますが、それができている人や施設がどれくらいあることやら。。
教育機関も国家試験に何%受かるかが大事な事に終始してしまっていることが多い感じがします。。そして卒後の教育もどれくらいの施設が新人の教育ができているのだろうと思う今日この頃です。
はじめ
2008/09/09 09:01
はじめさん、コメントありがとうございます。

>問題行動と呼ばれているものがそれを抑える事が善

そうなんですよね。
問題行動Aを「出ない」ように抑えても
問題行動Bが出てくるだけなのに…
問題行動(!)が、〜したらなくなりましたという「対策」を行う人、望んでいる人がとても多い。
その根っこにある「感性」に無自覚なのは、対人援助職としてどうなのかな?と思ってしまうのです。

前の記事でも書いたように、「自分を変える」のではなくて「周囲を変える」ことが幼少期から当たり前の生活環境で育ってきている人たちに対して、そしてそれを望んで実行してきた親の世代の人たちのありようも含めて、「教育」という「変化させること」(教えるの成功的用法:Scheffler,I)「学ぶ」という「変化すること」が困難になってきているのではないかと感じています。
speranza
2008/09/09 21:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
同じことがおこっている 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる