『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 思い出したこと

<<   作成日時 : 2008/10/14 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「人間の眼が一番確かなんだよ。」

ある医師の言葉です。

総合病院から老健に来たばかりのAさん。
大腿骨頸部骨折術後の方です。
病院でリハをしてそれなりに歩けるようになったので老健へ…とのことでした。
その日のうちに状態確認すると
「ちょっとは痛いけどね、自分でもがんばってベッドのまわりを歩いてるんだ」
とおっしゃっていました。

…が、おかしい。

発熱もない。それほどの痛みじゃない。一人で歩けている。
昨日まで病院でリハもしていた。
でも、やっぱりおかしい。

翌日、もう一回状態確認して
「こんなことはあり得ないとは思いますが、骨折の疑いがあるので検査していただけませんか」
と医師に相談したところ、レントゲンの結果、骨折が判明しました。
もといた病院に再手術の方向で再入院していただいたあとで医師が私に言ったのが冒頭の言葉です。

「人間の眼が一番確かなんだよ。
今は医者はたくさん検査するけど
昔は検査なんかしなくてもちゃんと診断していたんだ。」

もうおじいちゃん先生で
あんまりたくさんはお話しませんでしたが
なにかの折りにつけ
ソフトな笑顔で教えてくださったことはみんな覚えてます。

その穏やかな先生が
ある利用者さんが窒息したときに「先生!○○さんが…!」と言っただけで
すぐに雑談していた事務室を飛び出て
階段を何段飛ばしにもして駆け上がり
もうぐったりしていた○○さんに駆け寄り
ハイムリックであっと言う間に誤嚥していたこんにゃくを吐き出させたのを覚えています。

後日、先生にその話をしたら、ただ笑っていらっしゃいましたが…。

人間の眼が一番確か
でも
曇らすことも磨くこともできるんだ
私は磨くぞ…その時にそう思ったことを
ふと、思い出しました。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
視診、触診が先ずは必要ですね。
検査や数値ばかりに目がいくのではなく
見てそして感じることが大事ですね。
診断ってそうですよね。
それは大事ですね。
はじめ
2008/10/14 21:03
はじめさん、コメントありがとうございます。

今からもう20年近くも前の話ですが、久しぶりに思い出しました。ありありと思い出しました。

>見てそして感じることが大事
はい。そう思います。
この時も早く気がつけて良かった…と思うと同時に、骨折はもっと前から起こっていたはず…。私なんかが気がつけることをどうして他の誰も気がつかなかったんだろう?「職種」や「肩書き」や「働く場所」じゃない。「その人個人」なんだ…と再確認したできごとだったし、こういうことは起こることだから気をつけなくちゃ…。「人間の眼が一番確か」と言えるくらいに自分の眼を磨かなくちゃ…と強く感じたできごとでした。

「検査」が充実したがゆえに、「眼で観る力」が落ちる…。「知識」が増えたがゆえに「眼で観る力」が落ちる…。正確に言えば、「落ちる」のではなくて「切実に使わない」がゆえに「発達」しないのではないでしょうか。
「知識」に使われずに「知識」を使えるようになるためにどうしたらいいのか…今の私ができるささやかな方法論は実習と勉強会です。このことについては別の記事であらためて考えてみたいと思います。
speranza
2008/10/15 20:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
思い出したこと 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる