『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS

<<   作成日時 : 2008/10/27 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

文字だとニュアンスがわからない。

でも
電話だと「声」を通して伝わってくるものがあります。

面と向かってだと言えないこともあるし
電話だから言えないこともあるし
メールでは伝えきれないものもあるし
…ね。

「声」を聞いてるだけで
落ち着く…とか
「声」が聞きたい…とかって
誰でも経験があるでしょう?

そう言う時って
誰かの「言葉」じゃなくて「声」なんですよね。

「声」を整える
「声」に澄ます
「声」と同調する
仕事がらとても大切なことだと感じています。

同時にその危険性も…。

それに
「声」のコントロールって
「言葉」のコントロールよりもさらに難しい…。

逆に言うと
意識しなくても「なってる」時もあったりするわけで…。

「言葉」には意識が
「声」には無意識があらわれる。
ある人の言葉です。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 脳血管疾患で長期入院すると、多くの医療スタッフと話す機会があります。
 担当ナースと担当セラピストとは、ほとんど毎日です。
 同じ言葉でも、「声の調子」で「心がこもっている」かどうかと分かります。そして「心がこもっている」と判断すれば、自分のことを分かってくれていると相手を信じるようになります。
 すると相手を信頼するようになり、コミュニケーションが上手くいってリハビリも順調に進みます。
  「声」を整える
  「声」に澄ます
  「声」と同調する
 日常生活でも、とても大切ですね。
 ありがとう御座います。
マサおじさん
2008/10/28 10:34
マサおじさん、コメントありがとうございます。

>「声の調子」で「心がこもっている」かどうかと分かります。

そうですよね。分かりますよね…。
聞いてて心地よい声の人もそうでない声の人もいます。「敬語を使いましょう」とか「患者様の○○様」とか「ちゃんと説明を」とかいろいろ言われていますが、「言葉」も大切ですけど「声」も大切だと思います。

>日常生活でも、とても大切
そうですね。そう感じています。
こちらこそ、ありがとうございました。
speranza
2008/10/28 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
声 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる