『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 認知症国際フォーラム

<<   作成日時 : 2008/11/17 05:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008年12月21日(日)9:30〜16:30に東京国際フォーラムにて

詳細はこちらへ
http://www.cognimp.org/

内容としては
豪華盛りだくさん!です。

早期発見、早期診断、予防の最前線についてのお話を4名の医師から
根治予防をめざすワクチンについてのお話も
市民による街ぐるみの認知症ケアについての劇やお話
ベルギーやスウェーデンからも実践報告とパネルディスカッションがあるようです。

申し込み方法については
11/25にHPに掲載されるとのこと。

これはもう行くっきゃない!
祝日なら仕事だけど、日曜なら行かれるもんね。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今日はプロフェッショナルという午後10時からのNHKの番組で認知症介護のグループホーム長
の方の話をやりますね。
こういう番組で現場を知ってもらえるといいのでしょうが、どこまで現場の状態をだすのか
注目してます。
はじめ
2008/11/18 13:44
認知症国際フォーラムにも登場される方ですよね。
今、「プロフェッショナル」を見終わったところです。大谷さんはじめ紹介されたグループホームで働く人たちの言葉がとても柔らかくてあたたかくて…あぁいいところなんだなぁ…と感じました。
登場されたお年寄りの方はもちろんですが、スタッフの皆さんの表情がやわらかいですものね。

「自分で利用者のみなさんをバタバタさせてるよ」という言葉はスゴイと思いました。
スタッフが内心バタバタしてる時って大きな事故が起こるんですよね。施設の中で「走るな」っていうのはそういう意味もあるんだと感じています。
speranza
2008/11/18 23:19
本当にスタッフのバタバタは利用者に伝わる
ということはすごくわかりました。
一つでも気になったのはやはり、一人で夜勤を
することですね。
基準がそうであるのだとは思いますが、スタッフも人間であるので、一人で抱え込むのはつらいのではと思いました。
利用者だけに目を向けすぎるとスタッフの疲弊
に気がつかなかったりする場合も多い感じがします。
あの新人の方は本当にまじめな方が伝わってきましたが、それを育てる姿勢の大谷さんのやり方(多分人によって変えているとは思いますが)がすごいと思いました。
はじめ
2008/11/19 08:28
>一人で夜勤をすることですね。
きっとすごいプレッシャーですよね。
何もしなくてももう1人誰かいるだけでもプレッシャーは減るだろうに…とも感じました。
きっといざという時には大谷さんも呼び出されるのだろうとは思いますが、それでも大変ですよね。
speranza
2008/11/19 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
認知症国際フォーラム 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる