『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 脳卒中後遺症をもつ人の麻痺について…その前に

<<   作成日時 : 2009/01/04 14:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

Discommunication…コミュニケーションがうまくいっていない

その時によくある原因として考えていることです。

双方、話題の前提条件になっていることを暗黙の了承として確認しないために
コミュニケーションがゆきづまる…
実は表面的なコミュニケーションの具体的な方法がまずいのではなくて
話題の前提条件となっていることを双方きちんと確認しないために
前提条件の理解がズレている…ということが非常に多いように感じています。

私は老健に勤務していますので
私が直接出会う脳卒中後遺症をもつ方は
ほぼ何らかのリハ施設…病院なり施設なりを体験してこられる方が圧倒的に多いです。
ですから当然以前に療法士によるリハを受けてきた方が多い
…つまりこちらとしては病気や障がいやリハとは何なのかを
改めて説明しなくてもいい…と思っていましたが
とんでもないことです。

案外、1番大切な基本的な説明を受けていなかったり
結構誤解があったりするものです。
よく考えてみれば1番大切な基本的な説明を受けるのは発症直後です。
発症直後の説明ではご本人もご家族も混乱してしまっているかもしれません。
メモをとる気持ちの余裕もなく
難しい言葉を並べられたりしたら
その場ではなんとなくわかったような気がしても
後で思い起こしてみるとよくわからない…ということも十分にありえます。
第一、健康だと言われる私たちだって
初めての仕事を任せられたときにただ言葉を並べてサラッと説明されただけでは
十分な理解なんてできないと思います。
だから、介護報酬改定介護保険法改正のたびに
リハ関連の掲示板に「これはどういう意味?教えて」といった質問が相次ぐのではないでしょうか。

だからどんなリハをするか、何のために行うのか、どこに気をつけるのか
そういう説明はとても大切ですが
さらにその前提条件となる
なんのためにリハをするのか
脳卒中による麻痺とは何なのか
…そこの根本的な理解ができていない、あるいは誤解があると
リハの説明をされてもよくわからなくなってしまったり混乱してしまうと思うのです。
ですから、今、何らかのリハに通っている方は
そこの医師なり療法士なりにきちんと説明を求めてください。
大切なことなのでちゃんと説明してくれるはずです。
担当の医師や療法士に聞くのが一番詳しく「あなたにとっての」説明をしてもらえるはずです。
どうしても今さら聞くのははばかられる…聞きにくい…今はリハには通っていない…という方は次の記事をご参照ください。
一般的なことになりますが、まとめてみます。

そして療法士や看護師や医師には
その人自身がその人自身のリハビリを継続していくために
問われたことには何度でもわかりやすく理由もふくめて説明していただきたいと思います。
具体的なリハの説明をすると同時に基本的なことの説明も繰り返ししていただきたいと思います。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 Discommunicationという言葉を知りませんでした。「コミュニケーションがうまくいっていない」ことを表す言葉なのですね。

>双方、話題の前提条件になっていることを暗黙の了承として確認しないために
>コミュニケーションがゆきづまる…

 リハビリをしていて、本人が改善に気がつくときは良いのですが、そうではない時に、Discommunicationだと訓練が上手く行かないときがあるように思います。プロが見れば変化があっても、本人は改善したと感じないことも多いと思います。変化のあることを丁寧に説明出来ないと、以後のリハビリが難しくなるように思います。
 また、患者さんだけでなく、家族の方とのコミュニケーションも必要ですね。
マサおじさん
2009/01/04 15:08
本当にその通りなんです。
マサおじさんのコメントには驚かされます。

>プロが見れば変化があっても、本人は改善したと感じないことも多いと思います。
「一歩一歩がゴール」だと実感できるように目標を具体的に設定することが大切だし、目標達成までの間になにか「実感」のかわりに
「理解」できるような「証拠」となるようなもの…今思いつくのは体力測定に特徴的な数字とか写真とかビデオとか…をちゃんと用意しておくこと。
もうひとつは「実感」を促すために1つ1つのリハの課題で気をつけることを明確に言語化して伝えておくこと、望ましい動きと望ましくない動きそれぞれの意味を伝えておくこと…でしょうか。

おっしゃるとおりにご家族の方とのコミュニケーションもとても重要だと思います。
speranza
2009/01/04 18:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳卒中後遺症をもつ人の麻痺について…その前に 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる