『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 脳卒中後遺症をもつ人の麻痺について…脳卒中とは何か

<<   作成日時 : 2009/01/04 14:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

脳卒中には大きく分けて3種類あります。

脳梗塞…脳の血管が詰まる
脳出血…脳の血管が破れて出血する
クモ膜下出血…軟膜とクモ膜の間で出血する
        脳は頭蓋骨の中にあり
        頭蓋骨ー硬膜ークモ膜ー軟膜の順に脳は覆われている

上記の分類は私が学生の時に習った分類です。
現在は微妙に違う部分もあるかもしれません。

また、脳血管障害と脳卒中はほぼ似たような意味で使われることが多く
一般的には脳血管障害という言葉よりも脳卒中という言葉のほうが知れ渡っているように思いますが
脳血管障害の中で急激に起こるものを脳卒中と限定して使われる場合もあるようです。

詳細は
「脳卒中ホームページ」
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/nousottyu/index.html
「脳卒中の治療最前線」
http://www.ne.jp/asahi/ueda/stroke/



余談ですが
何の病気にしてもそうですが
分類というのは何を基準とするかによって
同じ病気でも幾通りもの分類ができますし
微妙に違う場合もあります。
医師から説明を受けるときには
病気の原因について言っているのか、病気の特徴を言っているのか、何についての説明なのかを意識して聞くとわかりやすいと思います。
その場はわかったつもりでも後になってなんだっけ…ということもあると思いますから
できるだけメモをとる…少なくとも病名を漢字で書く…ことだけはされたほうがいいと思います。
そうすれば落ち着いてから後で調べることもできます。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
>医師から説明を受けるときには
...
>できるだけメモをとる…少なくとも病名を漢字で書く…ことだけはされたほうがいいと思います。

 私の娘は、救急病院・急性期病院・回復期病院全てで、担当医や担当ナースの話をメモしていて、あとでメモを見せながら私に説明してくれました。だから倒れてからの事も良く覚えているのかもしれません。
 大切な事ですが、出来そうなのに、する人は少ないようですね。

マサおじさん
2009/01/04 15:59
しっかりした良い娘さんですね。

>大切な事ですが、出来そうなのに、する人は少ないようですね。
そうなんです。
メモをとる方はあんまり誤解されることが少ないような印象があります。
speranza
2009/01/04 18:28
かわいい玉をクリックしてくださった方、ありがとうございました。
(…ちょっと意味がわからないのですが)
speranza
2009/01/04 18:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳卒中後遺症をもつ人の麻痺について…脳卒中とは何か 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる