『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 脳卒中発症後10年

<<   作成日時 : 2009/02/05 22:17   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

Aさんの手は硬く握りこみ、肘は曲がり…筋緊張が非常に高い状態でした。

その方の指が最近動き始めました。
わずかですが、親指以外の指を曲げることができます。

今では、ご自身の非麻痺側の手で
麻痺側の指の曲げ伸ばしをおこなうことができるようになっています。

まだまだ、筋緊張は高く、中等度の痙性はありますが
手の握りこみも弱まり、肘も伸びてきています。

以前は、リハ時間の20分のほとんどをリラクゼーションに費やしていましたが
最近では、10分もかかりません。

前は、リハ後に麻痺側の指がリラックスして伸びているのを
非麻痺側の手で触って確認してにっこりされていましたが
今は、リハの途中で麻痺側の指が少し曲がるのを目で見てにっこりされています。

そして、歩行については直接的には何のアプローチもしていませんが
以前よりも、歩幅が広くなり、歩行速度が早くなり、ご本人も歩きやすくなったと言われています。





このことは、何を意味しているのでしょう?

脳の可塑性、可能性
身体の全体性

少なくとも、それらを否定することはできないのではないでしょうか。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 すごい!ですね。夫もなにか効果がでてきたように思います。今日3時のお茶のとき食器に手を添えてることが出来たんです。最近はテーブルに手を置いて食事出来てたのですが手を添えてなんて到底無理だと思ってました。夜もソファーに座って膝にお皿を置き手を添えてフルーツを食べれました。speranzaさんのリラクゼーションを知ることができたお陰だと思います。
 食器を持ってということはまだまだ先の事だと思いますが先日のコメントに書かせて頂いた夫の取り合えずの目標の{食器に手を添て、、}に一歩近づきました。有難うございます。   
ひろまま
2009/02/05 23:21
 リハビリにはリラクゼーションが大切なのですね。
きょう何気なく脚を伸ばして柱にもたれていると、肩だけでなく背中全体から腰が緊張しているのを再認識しました。やはり、これが腰痛や、歩きにくい原因だと思いました。
 今のところ孫の手の反対側についているボールで痛みのない程度に軽く叩いています。これでも少しは楽になりますが、何かリラクゼーションがありましたら指導ください。
マサおじさん
2009/02/06 15:11
ひろままさんのお連れ合い様も、すごいです!
テーブルの上に麻痺側の手を置いて食事ができる…というのは、実はとても難しいことです。
一見すると、麻痺側の手をただ置いているだけ…と思われがちですが、見た目の動きはなくても、実際にはその状態に手を保っておくために腕全体がはたらいているからこそ、できることです。まして、食事をする…非麻痺側の手を口に運ぶ事の繰り返しによる連合反応の影響を受けないようにできているからこそ、食事中その状態でい続けることができるのです。
その上、食器に手を添えられるなんて…!すばらしいことです。おめでとうございます!!
ひろままさんとお連れ合い様の努力が早速ひとつ実りそうですね。良かったですね。
うれしいことのおすそわけをどうもありがとうございました。

speranza
2009/02/06 20:13
マサおじさんのお身体は、たぶん相当筋肉が張っているのではないかと思われますが、療法士との恊働体験なしにご自身だけで副作用もなくしっかりとリラクゼーションが図れる方法論については…以前にご紹介した方法くらいしか思いつきません。申し訳ありません。

今すぐにできることといえば…入浴後などにお布団に仰向けになって腰を左右に動かしてみる、その後で座って腰を左右に動かしてみる…ということと、昼間でしたら部分的にでも温めることでしょうか…。
筋肉が張っている時に該当筋のストレッチをするのは、実はあまり効果的でないように感じていますので、申し添えておきます。

肝心なことのお役に立てずに申し訳ありません…。
speranza
2009/02/06 20:49
私もリハビリにはリラクゼーション、脱力系が重要であるという認識を持っています。先ずはリラクゼーション、そしてチョット入力。。力まないようにという感じを大切にしています。
メントレ
2009/02/06 22:58
メントレさん、私の考えを正確に言語化すると
リハビリをするには、運動を適切におこなえるためのレディネスが必要…リラクゼーションはその1つの方法論だと考えている…ということになります。
speranza
2009/02/07 00:02
speranzaさん
>入浴後などにお布団に仰向けになって腰を左右に動かしてみる、
>その後で座って腰を左右に動かしてみる…ということと、
>昼間でしたら部分的にでも温めることでしょうか…。
・・・有り難う御座います。昨晩から実行しています。
調子が良いです。

>リハビリをするには、運動を適切におこなえるためのレディネスが必要
・・・なるほどと思います。しっかりと頭に刻み込みます。
マサおじさん
2009/02/07 14:47
マサおじさん
リハの具体的な方法論を抽象的な考え方と同時にご理解いただくほうが運動学習は進展すると思います。
けれど、1番頭に刻んでほしいのは、リハ提供者側です。

先週は看護学生のリハ見学がありました。
目で見て手で触って耳で聞いてちゃんと理解してくれました。
明日からはリハの学生が実習に来ます。
学生にとって良い体験学習となるように…がんばります。
speranza
2009/02/08 16:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳卒中発症後10年 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる