『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS このごろ感じること

<<   作成日時 : 2009/03/13 21:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「動機こそが大切」

これは、スティーブ・ジョブズの言葉です。
本当にそのとおりなのだと感じています。

ずっと疑問でした。
どうして、簡単に付和雷同できるのか?
どうして、簡単にブームが起こるのか?

個々人の「自立」が存在していなければ
真の意味での民主主義やチームワークは成立しがたいように感じています。

自分の頭と身体で考えることの大切さ

今日の生命を明日へとつなぐことに必死で生きている人たちよりも
安全安心な環境を甘受している私たちのほうが
はるかにおこないやすい状況にあるように思いますが
なぜそうなっていないのでしょう?

宇宙ゴミの話を知り、一瞬、暗澹とした気持ちになってしまいました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090313-00000018-jij-int

でも、よく考えたら、そうなんだものね…。

今は良くなっていく途上…。

問われているのは
曇りなき眼で見定められるか。
適切なてだてをもっているのか。

そっちを磨くのが先だもんね。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うーん、結論として言いたいことは何でしょうか?

いつも読ませていただいて勉強になっているのですが、この記事は話題があちこちに飛んでとても分かりにくいです。
ぷー
2009/03/16 19:02
ぷーさん、コメントありがとうございます。

読み返してみたら、ほんとに意味不明でしたね(苦笑)
すみません。
混乱の1番の原因は、宇宙ゴミの話を差し入れたことのように思いました。

宇宙ゴミの話は(私は本当に滅入ってしまったのですが)為したことの結果は必ず生じる…そしてそれはその時でなくて後世になって表面化する…そういうことを考えさせられました。
でも、表面化した時はピンチでもあるけれどチャンスでもあるのだから、その時にきちんと「ものごと」を見てとれるか、きちんと対応できる「手だて」をもっているのか…そういうことが問われるのだと考え直して書いたものです。

前半部分についての説明は、蛇足かもしれませんが…
自分の頭と身体で考えていないから、付和雷同できるのだろうと…付和雷同は真の意味でのチームワークでも民主主義でもないだろうと(会議が会議として機能しているところは少ないですよね?)
総論賛成各論反対…というのは、表面化していない動機のほうが優先するからこそ起こることだと感じています。
speranza
2009/03/16 22:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
このごろ感じること 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる