『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 駄菓子屋さんのお話

<<   作成日時 : 2009/06/25 22:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

またもや、おばあちゃん達に教えてもらいました。

駄菓子屋さんで
いっぽんむきを楽しみにしてたこと。
2〜3センチくらいのこより状のひもがズラーッと並んでいて
1本ずつむいていくから、いっぽんむき。
あてくじのことなんだそうです。

1銭のもんじゃ焼きが焼けると
お店番のおじいちゃんおばあちゃんが新聞紙に包んでくれたこと。
ちがし?を鉄板で一緒に焼くとおいしいんだけど
怒られるから、隠れて焼いてたそうな…

ミルクキャラメルといえば
森永が老舗!
でも当時のキャラメルは、2センチ角くらいでとっても大きかったんだそうです。
(確かに…。食べるの大変そう…)
だから10個入り、20個入りの箱がすっごく大きかったとか…

思い出話は尽きず…話が話を呼んで、みんなでワイワイ!





それから…
ずいぶん前の記事にもたくさんの気持ち玉のクリックをどうもありがとうございます!

Tさん、さりげない励ましのお言葉、とてもうれしかったです。
お心使いに感謝!です。ありがとうございます。
当分は加藤登紀子ヘアには挑戦せずに現状維持をめざします(笑)









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 駄菓子屋さんの話
私と夫は団塊の世代ですがよく駄菓子屋さんの思い出話で盛り上がります。(しっかり、じーじ、ばーばです)夫は”一銭店”と言ってたとか。私は...忘れました(泣)
夫はなんでも其のころのものを結構保存してます。”ポツンコ”?で外れだった小さなグリコのおまけみたいな物とか使ってない”めんこ”とか.....。菓子箱一杯ありますよー。何でも鑑定団、が始まったころ本気で応募しようかと思った位です(笑)
ひろまま
2009/06/25 23:21
ひろままさん、コメントありがとうございます。

駄菓子屋さんのお話は盛り上がりますよね!
私のときは、10円の当たりつきガムとか30円の当たりつきアイスとか…食べた後、舌が真っ赤になるようなお菓子とか…野球選手のカードがついたお菓子とか…懐かしい…。

それにしても、キャラメルは大正時代からあったというのも驚きでした。戦後のお菓子かとばかり思ってました。
80〜90代のおばあちゃん達が1人お菓子の名前を出すと次の人が「そうそう!それが…」と大盛り上がりで、お話してる時のおばあちゃん達のお顔がニッコニコでした。
speranza
2009/06/26 23:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
駄菓子屋さんのお話 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる