『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 奇跡の脳 My Stroke of Insight

<<   作成日時 : 2009/07/08 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この本は、たくさんの人に読んでほしい本です。

http://www.shinchosha.co.jp/book/505931/

当事者の方にも
ご家族の方にも
リハやケアや看護に携わる人たちにも…

とても大切なことがたくさん書かれています。

たとえば…

「脳卒中で一命をとりとめた方の多くが、自分はもう回復できないと嘆いています。
でも本当は、彼らが成し遂げている小さな成功に、誰も注意を払わないから回復できないのだと、わたしは常日頃考えています。」(p.108)

これは本当によくわかります。

体力測定のグラフが明らかに大きくなって
歩く早さも早くなっていて
当初、設定した目標も達成できているのに
(いかがですか?)と尋ねてみると
「あんまり変わらない」と答える方が多かったり…
あきらかに今までできなかったことができるようになってきているのに…
(このことについては改めて記事にします)

著者のジル・ボルト・テイラーさんと彼女の母は
「できるようになったこと」を「リスト」にして書き出していました。
こういうことってすごく大切なことだと思いました。

また、著者は「睡眠の大切さ」も訴えています。
「睡眠は、いわばファイルを作る時間です。もし、事務所でファイルする時間を取らなかったら、どんなに混乱するか想像がつきますよね?それは、わたしの脳にとっても同じこと。脳はひっきりなしの負荷を組織化し、処理し、そしてファイルする時間が必要なのです。」(p.102)
「睡眠がもっている治癒作用に重きをおくことが、私の回復には欠かすことのできないものだったのです。国中のリハビリ施設でさまざまな手法が使われていることは知っていますが、やはりわたしは睡眠、睡眠、睡眠、そして学習と認知の訓練の間をぬって、さらに睡眠をとることの利点を、声高に提唱し続けるつもりです。」(p.135)

えっ?と思われるかもしれませんが
私は、その通りだと思いました。
発症直後は特にそうだと思います。
発症から何年も経ったとしても
新しく運動学習をしている時は、みなさん、すごく疲れやすいようです。

そんなわけで
この本は本当に素晴らしい本だと思います。
是非是非、たくさんの方に読んでいただきたいと思います。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
奇跡の脳 My Stroke of Insight 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる