『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 「情報化社会と教師の仕事」

<<   作成日時 : 2009/09/19 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

読んでいるだけで、自分の頭の中までスパスパ整理されていくようでした…。

「情報化社会と教師の仕事」
国土社の教育選書 沼野一男 

この本は、1986年に第一刷が出版されました。
20年以上経った今でも沼野先生がおっしゃっておられることは全く色褪せていない…
そればかりか、一層の重みをもって私の中に響きました。

非常に懇切丁寧に…言葉をとても大切に扱っていらっしゃることが伝わってきます。
それだけ、徹底して概念の明確化、共有化を意識化して
誤解のないように、きちんと伝えようと細心の配慮をされておられることが伝わってきます。
(余談ですが、私は言葉を大切に扱う人のほうが信頼できます)
非常に論理的で明快で読んでいて爽快感さえ味わえる本です。
と同時に、著者がどれだけ教育と「善くなろうとしている子どもたち」を大切に思っているかが行間から溢れ出てくるような本です。

私は臨床家ですから、私の本分は対象者の方へ直接的にリハビリを提供することです。
ですが、どんなに忙しくても
学生の実習指導をおこなったり、研修会の講師をしたり、地域の方へお話をしたり
…といったことも、大切なもう一つの仕事だと思って取り組んでいます。
臨床家だからこそ伝えることができる
臨床家でなければ伝えることができないことがあると確信しています。

教育の専門家ではない私が好むと好まざるとに関わらず
間接的にも直接的にも「教える」ことに無頓着ではいられない…。
教育関係の本もずいぶん読みまくりました。
その中でもこの本は、折りにふれ、何度も読み返している本です。
学生の時にこんな先生に出会いたかった…
それでも、例え、本の上だけでも先生に出会えたことは本当に幸せです。

実習指導で悩んでいる人、これでいいのかと確信が持てないでいる人にお薦めします。
「本当の教師」が書いた本です。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「情報化社会と教師の仕事」 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる