『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS リハビリは運動「学習」

<<   作成日時 : 2009/11/29 22:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 9

「学習」だから、どんなことにも共通していることってあると思うのです。

たとえば…
本人自身がやろうとしなければ身につかないということ。
学校の勉強だって、仕事だって、何かの趣味…楽器演奏やダンスだってそうでしょう?

たとえば…
とにかく、まずはできること。
できるようになったら、よりよい方法でできるようになること。
フィギュアスケートのジャンプだって
1回転ジャンプができないのに3回転ジャンプができるはずがない。
そして、とにかく3回転できるようになることが先で
3回転ジャンプがまがりなりにもできるようになってから
美しい3回転ジャンプに挑戦することができる
けれど
ジャンプの質というものは
ジャンプだけの能力ではなくて、スケーティングそのものの質にも関わるということ。

たとえば…
王道はない
努力を積み重ねるしかないということ。

たとえば…
どんな存在であれ、導いてくれる先達の助けが必要なこと。

たとえば…
ともに励まし合えたり、助け合えたりする仲間の存在がどれほど心強いかということ。




リハビリにも共通していることばかりのように思います。

フィギュアスケートができるようになりたい
…っていっても、どのくらいできるようになりたいかは人さまざまで
他人様から、あなたはこれくらいまでにしておきましょう
なんて言われる筋合いはないと思います。
逆に、できるようになりたいなら自分自身が努力しないかぎり、できるようにはならない。

ただ、努力の方向性というものはあるように思います。
ジャンプができるようになりたいなら
やみくもに何でも身体を動かす…なんてことはしませんよね?
筋力強化をすれば、ジャンプができるようになる…とも思いませんよね?
ジャンプができるようになるには、ジャンプの練習が必要です。
けれど、ただ単にジャンプを繰り返すだけではなくて
ジャンプができるような「身体のはたらき」を身につけるための練習が必要なのではないでしょうか?

それなのに、どうしてことリハビリに関しては
とにかく身体を動かしなさい
筋力をつけることが大切です
とにかく歩く練習をしなさい
…というアドバイスを専門家と呼ばれる人が
当たり前のように言って
それを当たり前のように受けとめて
…となっているのでしょう?
そういう現実があるのがとても不思議です。

その人が頑張れるような努力の方向性を現実的に具体的に指し示すこと
それが専門家たる者に望まれていることなのではないでしょうか?















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
そうなんですよね・・・。
僕らが利用者さんの可能性を潰してしまっていることがしばしば(・・・それどころか・・・)なんですよね。
酷い時は良かれと思って、知らず知らずのうちに・・・。

>それなのに、どうしてことリハビリに関しては・・・

変えねばなりません。いつも反省ばかりです。。。
510
2009/11/30 22:19
私の周りには、目下適切なアドバイスしてくれる人は居ません。だから、自分の好きにリハビリできてますが、、、
取りあえず、今日は快晴なので歩いてきます!
くにくに
2009/12/01 09:51
510さん、コメントありがとうございます。

どう考えても、脳卒中後遺症やリハビリということについて、当の療法士の側に誤解があるように思えてなりません。
普通に、理屈で考えてみてもわかることだし、考えなくても日々お身体を触っていれば感じるはずだと思うのですが…。

510さんのように疑問を持つ療法士が、なぜこんなに少ないのかわかりません。
疑問を持たずにいられる…という状態が示していることについて大きな危惧を抱かざるを得ません。
speranza
2009/12/01 20:06
くにくにさん、コメントありがとうございます。

今日の調子はいかがでしたか?
自分の好きに自分で調節しながらのリハビリは1番良いことだと思います。
判断の確認や困った時に相談できるところがあると、もっといいんですよね…。それが今ないんですよね…。
speranza
2009/12/01 20:17
昨日は、左手を右手で持って、前後させながら歩いてみました。少しでも、左手が手を振る動きを思い出す助けになるかな、と思ったのですが、右手が疲れるし、歩きが不安定になるし、要思案のようです。
そうでもしないと、左手を振れるようには、ならないみたいなのですが、どうでしょう?
身近に様子を見てくれる人が居るといいんですが、、、
言葉で伝えるのは難しい。
もう少し、試行錯誤してみます。
目下、体調は良好です。
ご心配ありがとう!
くにくに
2009/12/02 12:18
くにくにさん、いろいろと試行錯誤してがんばっていらっしゃるんですね。

>言葉で伝えるのは難しい。
よくわかります。言葉では言い表すのが難しいことってありますよね。
私も「今の感じです」「その感じで」と言っていることがよくあります(苦笑)

体調が良好で何よりです。
自主トレの方向性が適切な証拠だと思います!
speranza
2009/12/02 21:36
自主トレの方向性が適切だとのお言葉、何より勇気付けられました。
もうしばらく、頑張れます。
ありがとう!
くにくに
2009/12/03 11:24
くにくにさん
お1人で頑張るのは大変なことですが、そのかわり得られるものも多いと思います。
希望をもって自主トレを継続してください。
speranza
2009/12/03 21:56
健常者には得られないものを得て、得してます。

死ぬまで頑張ります!
くにくに
2009/12/04 10:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
リハビリは運動「学習」 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる