『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 暗示をとく

<<   作成日時 : 2009/12/07 00:08   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

「この先は行き止まり、の先」を描く

甲野善紀先生の「松聲館」の12/4の随感録で紹介されていた森田真生さんの言葉です。
http://www.shouseikan.com/zuikan0912.htm#1

「裸の王様」の続きをコンセプトとして提示した山縣氏のショーのことをとりあげています。
>誰が「裸の王様の話しに、続きがあり得る」なんて考えたことがあるでしょう。
>それも「裸が流行っちゃった」という展開により、物語全体の意味合いまでもが根本的に転覆してしまうのです。
>これは数学における大きな理論の進展に非常に似ています。

森田さんという人は若いのにほんとにスゴイ人だと思いました。
そして、彼が数学のことを引き合いに出しているように
私は、リハビリについても同じことが言えると考えています。

歩かないと歩けなくなっちゃう
筋力が落ちると歩けなくなっちゃう
だから、筋力強化をしましょう

それが今現在多くの人が読んでいる「脳卒中後遺症をもつ人のリハビリ」という物語です。

私はこの物語は違うよ…という記事を繰り返し書いています。

私が言っているのは、
みんな書かれていないはずの「前書き」を読んでることに気がついていないよね?
ということなのです。

書かれていないから「前書き」なんて存在しないと思ってるけど
こう読んでね…という「前書き」が実はちゃんと存在していて
現実には誰も言葉にはしないけど
人から人へと暗黙の内にちゃんとその「前書き」を伝えていっています。
そして、それは言葉になっていないからこそ余計に強い暗示になってしまっています。

今、私がやっていることは
この物語の先…違う結果を現すこと
そして、同時に異なる「前書き」を言葉にして明確に伝えること

私がもう1冊の「脳卒中後遺症をもつ人のリハビリ」という手作りの物語を提示しても
その話なら知ってるよ…と読もうともしない人も
読んでも物語の違いがわからない人がとても多いのです。

「脳卒中後遺症をもつ人のリハビリ」という物語は
もう既に「正しい」ものが「完成」しているじゃないか…とみんなが思っているのです。
逆に言えば
みんなが「思う」ことで、物語として成立していることに「している」のです。
そのことに無自覚なのです。

もっと言えば
日本には、無自覚であるように強制する「場」の「空気」がありますよね?
「空気」を吸わなきゃ生きていかれないけれど
自分の身体を通過して吐き出した「空気」は、本当なら自分に責任があるのですよね?

(こういうことって、実はとてもたくさんあるでしょう?)

私がリハビリのありかたとして提示しているものは
一義的にはリハビリとしての課題ではありますが
リハビリとしての課題だけにとどまらずに
人間が生きるということはどういうことなのか
ということと関わってこざるを得ないように感じています。

障がいがあろうがなかろうが
いずれ、人間は誰でも年老いていくのだし
このような便利な社会はますます神経症的世界を創り出していくものだし

お金と時間があれば
それに比例して「抵抗」もできるのかもしれませんが
自然の摂理の前には限界もあるのではないでしょうか?

ちょっと話が大きくなりすぎてしまいましたが…(苦笑)



このようなウェブログという場があることに
そこで自由に自分の考えを発信できるということに
私が手作りの物語を提示できる場があるということに
そして
このような拙い「場」であったとしても
たくさんの方が立ち寄ってくださり
ずっと前から今でも立ち寄り続けてくださっている方もいることに
私はとても感謝しています。

どうもありがとうございます。

「未来が過去を決定する」

この言葉は本当にそうなのだ…と感じています。
そして、未来も過去も現在もつながっているのだと…
だからこそ、現在の一瞬一瞬の選択こそが大切なのだと…

今から10年後、20年後、30年後
どんな自分になっているのか想像もつきませんが
それは
30年前の自分に今の自分が想像できなかったように
けれど
30年前の自分がなんとなく選択しなかったことを
今の自分は明確に自覚して選択しないことは意識できるようになりました。
30年後に
自分が何を積極的に選択するのか
明確に自覚して意識して行為することができるようになっているでしょうか?


「未来が過去を決定する」

「この先は行き止まり、の先」を描く

「先」によって、出来上がったと思われていた物語はまったく違う様相を見せるのです。




今、困難な気持ちを抱えている方もおられると思いますが

誰の人生もまだ完結してはいません。

「先」は、見えないだけで
いつか見いだされるのを待っているだけなのかもしれません。
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暗示をとく 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる