『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 前の記事の補足

<<   作成日時 : 2010/01/24 18:24   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

抽象的すぎてわからない方もおられたかもしれません。

このウェブログを開設した当初に書いた記事に
食事介助の記事が複数あります。

そこでのことを少し…

重度の認知症をもつ方でADLは車いす全介助、食事も全介助という方がおられました。
言語でのコミュニケーションは難しい方でした。
食事の時に
ひとりは、下顎を突き出すようにして
もうひとりは、舌を前に出して
スプーンから食塊をとりこもうとします。
昼とおやつの時にだけ
ただひたすら上唇でのとりこみを促すようにして食事介助をしました。
(口腔内のリハなどは全くしていません)
そしたら、3ヶ月もしたら
おふたりとも
下顎を突き出すこともなく
舌を前に出すこともなく
上唇で食べ物をとりこめるようになったのです。

最初の食べ方は
この方たちの固有の「問題」だったのでしょうか?

私にはとてもそんなふうには思えませんでした。

こちらが不適切な方法で接すれば不適切な方法で応える
適切な方法で接すれば適切な方法で応える

つまり、こんなに重度の認知症をもつ方でも
ちゃんと環境に適応しようとしているではないか
食べ方という自分の動作を変えることができる
学習している

要は、介助者「側」の「問題」なのでは…?

食事は3食ともにいつも100%全量摂取とカルテには記載されている方がいました。
「○○さん、お腹いっぱいですか?もっと食べますか?」
そう尋ねた私に○○さんはこう答えました。
「そんなのわからないわよ」
満腹感がわからない…?
もともとは小食だった方なんだそうです。
その方が後日別の施設に入所された時に食事介助して同じように尋ねたら
「もうそんなに食べられないわよ」
と答えられたんです。

「失われた」満腹感は、この方に固有の「能力低下」だったのでしょうか?

ベッド上で寝たきりの方のポジショニングを問われて
提示したら
「ここはこのままでいいんですか」
と足の間に何も当てずにいることを質問されましたが
私が答える前に
みるみる足の交差がゆるまってきました。

「不良」姿勢は、この方に固有の「問題」だったのでしょうか?

施設で働いていると
利用者の方の状態像を「正常」や「あるべき」状態像からのマイナス、問題として
職員がとらえて
どうしたら、より「正常」や「あるべき」状態像へ近づけることができるのか
という観点で
利用者の方のOUT PUTをContorolしようとする対応に非常にしばしば遭遇します。

でも
その前にまずやることがあるんじゃないのかな…と思うのです。
まず、自分たちやってるIN PUTを見直そうよ…と。

だって
上に上げた例の方たちはみな重度の障がいをお持ちですが
ちゃんと学習して、ちゃんと環境適応してる
「常に」能力発揮してるって証拠じゃん!って思うのです。
このことに気づいたとき、私はすごくうれしかった
希望の灯りだと思いました。
と、同時に、とても恐ろしくもなりました。

私たちのマイナスを私たちが現しているのに
この方たちが代わりに受けとめて
「見た目」この方たちのマイナスとして投影させてしまっている

リハの世界でも、ケアの世界でも
OUT PUTをどうContorolしようか…という方法論はとてもよく議論にのぼります。
でも、それで本当にいいのか
本末転倒じゃないのか
そういう思いはますます強くなるばかりです。

私がこのウェブログを開設したのが2005年9月
それから5年目を迎えますが
この間、状況が改善したとはとても思えません…。

私がしているような体験は
他でも似たようなことが起こっているはずで
みんな見ているはずなんです。

今、リハやケアを「提供する側」にいる人たちは
いずれは自分たちが「受ける側」にまわるということを
実感をもっては受けとめていないのだろうと感じています。
そういう切実感があれば
もっと自分たちが「している」ことに敏感にならざるを得ないからです。
(だから、医者や看護師が書いた病気の体験記に必ずといっていいほど
 今だったら患者にもっとやさしくできるのに…という言葉が書かれるのではないでしょうか)

今、本当に必要なことは
学会発表や論文執筆や即効性のある方法論の提示やそんなことではないように思います。

もっと地道なこと…
でも、今すぐできること…














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
前の記事の補足 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる