『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 動きを感じる

<<   作成日時 : 2010/03/04 22:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

本質的なすごく大切な話だと思う。


「向かい合う感覚」 甲野善紀先生
http://www.youtube.com/watch?v=P2whUQVTeDI&feature=related

全編全てがものすごい中身の濃い話ですが
特に3分過ぎの話は私にとっては身近な話です。

「ほとんど同じような動きでも
 ほんのちょっとした違いで
 逆効果になることもある
 それを区別できるのは感覚なのに軽視してきたことが
 さまざまなことの根本にある」

本当にその通りだと思う。





「身体教育研究所」
http://www.keikojo.jp/kenkyujyo.html
こちらには、野口裕之先生の論文が掲載されています。

「動法と内観的身体」を是非ご覧いただきたいと思います。
私は野口先生の話に追いつくのが精一杯でしたが…
それでもお話のすごさ、すばらしさの一端はわかる。

私のずっとずっと先に
私とはもう全然別の次元だけれども
こんなにもすごい人がいるということは私にとっての希望です。
PTOTは、身体の専門家と言われているのに恥ずかしい…
もっとがんばらなきゃ!





おふたりには、とてもとても遠く及びませんが
私も感じることってとても大切だと考えています。
自分自身がもっと感じ分けられるようになること
ご本人も感じることができるようになること
リラクゼーションの時も、ストレッチの時も
「触られている感じに集中して、伸びていく感じを感じとって」
と言っています。
そうすると、短時間でリラックスができるようになってくるのです。
(ウソみたいなホントの話です。
 脳卒中を発症してから10年経ってる方の
 硬く握り込んだ手の指がリラックスするまでの時間がどんどん短くなり
 今では不十分だけど指が半ば伸びた状態でリハビリ室に来られるようになりました。)

たぶん、リハビリの専門家の責任なのでしょうが
一生懸命、動きの練習をする人はいても
その時の動きの感覚が、おいてきぼりになってしまっている人って多いのではないでしょうか。

別の言い方をすると
「動かす」練習になっていて、「動く」練習になっていない

これって結構大きな違いだと思います。

本来、動くということと感じるということは、決して別物ではない

かつて、「行為する」ということは、同時に行為の感知をも包含していた
現在は、ボタンを押せば願いが叶ってしまう

もう「生活」のレベルで大きく変わってしまったことが
私たちの身体や行為にとても大きな影響を与えているのだと思う

リハビリを提供するに際しても
考えることはたくさんあるのだ…そう思う

がんばるぞ!














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
濃いですね!!
動画&論文を拝見しながら、ひとりで興奮していました(笑)

先日のNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」での藤原茂さんの゛心が動けば身体が動く゛の言葉の意味を自分なりに考えていました。
心が動くこと・・・それは“感動”なのかな、と。

“感じて”“動いて”“感動”するからこそ、心が動くのかな、と思ってみたり。

「PTとは、こころが動く身体を創る専門家」と、とある訪問PTさんの言葉です。

今、これらのことが根深く繋がっているような気がしました。
まだまだ消化不良ですが・・・(;´Д`A ```
510
2010/03/05 22:50
510さん、コメントありがとうございます。

「道具のもつ機能と人の運動機能の融和を図る為に未完を保つ」「内観なき動法は有り得ない」「日本の剣術はそもそも対術なのだ」「身を整えなければ決して生じてこない感覚や意識がある」

身体の動きと感覚を追求し、動作と道具の関係性についてこんなにも深く語れるPTOTがどれだけいることでしょう。

確かに小指を握り込んでみると腰に力が入ります。
でも、そんなこと私は今まで意識したこともありませんでした…。

感じ分ける技術は、積み重ねによって磨かれていくものなのだろうと思いました。
磨こうとしても磨ききれないかもしれない。
でも、磨こうとしなければ決して磨かれることはないのだ…と。

かつて、生活そのものの中に「感じわける」動作がたくさんあった時代がこの日本に本当にあったということ。
今や、生活が根本から大きく変わり、動作や道具の名残があっても扱う私たちの側に相当の努力がないと、それらの意味すら埋もれてしまうものだろうということ。

今の私には理解しきれない部分もたくさんありますが、きちんと考え続けていきたいと思いました。
speranza
2010/03/06 21:32
甲野先生の動画を検索してたどりつきました〜
動画消えてしまって残念ですよね。。
コメント引用させて頂きました(^^;
http://d.hatena.ne.jp/beyond-univ/20100221

人間の運命は100l決まっていて100l自由であるという紙の裏表の話などなど、ほんとにすごいお話でしたよね。。
ゆん
2010/11/04 23:07
ゆんさん、コメントありがとうございます。
出かけていたのでお返事が遅くなって失礼しました。

甲野先生のお話はホントにすごかった…です。
共感し合える方がいてうれしく思います。
speranza
2010/11/08 20:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
動きを感じる 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる