『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS うれしかったこと

<<   作成日時 : 2010/04/15 23:48   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、立て続けにうれしいことが続いています。

先日、主催しているある勉強会で
「ふんばらない立ち上がり推奨論」をお話しました。

現在、たぶん多くの人が
「身体を前に倒して」
「足の裏を意識して」
「ふんばって」
立ち上がるように指導したり、されてると思います。

つまり、身体を前傾して床反力を利用して立ち上がる
という考え方です。

でも、よくよく考えると
この方法では絶対に立ち上がれないのです。
立ち上がれたとしても腰部の筋を収縮させないと立ち上がれないので
この方法で立ち上がりを練習したりしたら腰を痛めます。

しかも、たいていの方は
この腰を痛める方法で立ち上がりをしています。
(私の知るかぎり、腰を痛めないことに留意した方法で指導しているのは
 鹿児島にある霧島リハセンターだけでした。
 私の方法論はまた少し違いますが)

おどかすわけではありませんが
経験上、リハビリで立ち上がりを練習している方の90%は危ない方法でされていると感じています。
生活で使う分にはともかく
身体のためのリハビリで身体を痛めては本末転倒です。

前に低い台を置くとか
下にひっぱるとか
いろいろな立ち上がりの方法がありますが
実際のところ、どれも腰部の筋の過剰収縮が起こってしまっていると感じています。

今までこのウェブログでも記事にしてきましたが
本当に理解してくださる方は少数でした。

ところが、この勉強会にたくさんの方が参加してくださって
しかも、「そうだね」と賛同してくださり
「これから取り入れる」とおっしゃってくださった方がとても多かったのです。

そのうちのある方は
「今までそうやって教わってきたけど、どう考えても辛そうなのよね。
どうしたものかと思って今日来たんです。
来てよかったです。」
と言っていただけました!

うれしいなぁ…。

常識にとらわれず
目の前の現実をきちんとみてそこから学ぶ
そんな姿勢をもっている方とたくさん出会うことができて
とてもうれしいです!










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
うれしかったこと 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる