『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS No Pain , No Gain

<<   作成日時 : 2010/07/26 22:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

キム・ヨナの座右の銘だそうです。

あの若さでこの言葉が座右の銘とは…
彼女の努力と幾多の困難を乗越えてきたのだろう精神力を思わされました。

私たちだって同じだと思う。

誰かの役に立つ…のだとしたら
それは、ラクしてできることではない。

辛抱とたゆまぬ努力とが要求されるものだと思う。

それに
副作用のない作用はない
作用があれば反作用もある

ラクして得られるものは、毒にもクスリにもならないものだと思う

でも
現実の生活において
ラクして快適な暮らしができちゃうから…
身体の智慧がなくても
いろんなことができちゃうから…

当たり前のことが当たり前だとわからなくなっちゃっても仕方ないのかな…?

そのうち、すっごい揺り戻しがこなきゃいいですが…










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 No Pain , No Gain
 「苦労なくして、得られるものはない」ですか。

 私は若い頃、「若いうちはお金を出しても苦労を買え」と教えられました。

 彼女の栄光は、苦労の固まりの上にあるから、こんな言葉が座右の銘なんだとおもいました。

 もちろん無駄な苦労はしなくても良いのですが、それ以上の有益な苦労が必要だと思います。

 最近の若い人は、苦労という意味を知らないのかもしれませんが、これは彼らの親の世代を攻めるべきだと思っています。

マサおじさん
2010/07/27 08:19
マサおじさん、コメントありがとうございます。

便利で快適な暮らしが当たり前の生活をしていて、なおかつ親が子どもに辛抱や工夫をさせるというのは昔以上に智慧と自己抑制が必要なことと思います。
昔の親はしたくてもできなかった(それはそれでいろいろな思いがあったとは思いますが)今はしようと思えばできることを敢えてしないでおく…しかも双方にとって葛藤の生じないようにおこなうというのは至難のワザではないでしょうか。
親自身もそして更にその上の世代も便利で快適な暮らしを享受しているのですから…。

日々の暮らしのありようそのものが人々の感性や思考に与える無形の影響というのは、計り知れない…それは世代を超えて輻輳していくもののように感じています。
speranza
2010/07/27 21:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
No Pain , No Gain 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる