『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 車いすシートたわみ解消策

<<   作成日時 : 2010/07/02 22:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

これはオススメです!

画像


ちょっと比較してみてください。

通常の車いす
シートがたわんでしまっています。

画像


車いすに車いす用のクッションをのせた状態
クッションをのせても、シートがたわんでしまっています。

画像


冒頭の写真です。
クッションがたわまずに水平になっています。

画像


何で作ったかというと…
こちら!

段ボールです。

画像


段ボールのボール目を交互に重ねると強度が出るのだそうです。
合板と同じですね。

実際に使う際には、使う方によっては
食べこぼしや尿失禁に備えてサランラップで巻いたほうが良い場合もあります。
横縦双方向でぐるぐる巻いてあります。

画像


施設によっては、段ボールではなくて
おフロマットや折り畳んだタオルを使うところもあるそうです。

私的には材料費がかからない
(段ボールってどこかしらの部署に必ずあるものでしょう?)
ということと、加工のしやすさと効果から段ボールがオススメです。
両方の座骨に体重がしっかりとかかるので床反力がはたらいて体幹の伸展が促されます。
逆に言えば、
骨盤が歪んで座骨の位置が不均衡になっていたり、骨盤と体幹のフレキシブルさが不十分だと
かえって姿勢が崩れてしまう場合もあります。

ですので、座位と身体のはたらきをきちんと評価してから使うことをおすすめします。
どうしようか迷った時には、安全策をとって経過観察されたほうがいいと思います。
フェイスタオル2〜3枚を折り畳んで車いすシートの真ん中に置いて
その上からクッションを敷きます。
もちろん、滑り止めを上下に使います。
ただし、タオルは、数日でつぶれてしまいますので頻回の交換が必要です。

車いすに座っていて座位が崩れてしまう方に対して
あちこちにクッションをいれてガチガチに固めてしまうのを、よく見聞きしますが
まずは座面を安定させないと…

車いすにガタがきてもそうカンタンに購入してもらえるわけはないので
今あるものをどれだけ活用するか…という視点は欠かせないと考えています。

けれど、同時に、車いすのレンタルが
在宅の方だけでなく施設入所の方にも
可能となったらどんなにいいだろう…と常々思ってもいます。

だって、やっぱり限界はありますもの。
車いす業者の方のセリフです。
「みなさん、忙しいんだから
 工夫に費やす時間とエネルギーは他に使った方がいい。
 いい道具(車いす)には及ばない」
セールストークだけじゃあないです…ホントのことですもの。

それでも、まずは、工夫から!ですよね。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
車いすシートたわみ解消策 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる