『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 対人援助職のチェックポイント

<<   作成日時 : 2010/07/11 22:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

それは声です。

どんな対人援助職にも共通するチェックポイントです。

言葉には意識が
声には無意識が
あらわれると言われています。

お年寄りに接する時の、その人がどんな声で話しかけているのか
チェックしてみてください。

いいケアやリハを心がけている人は
たいてい、低いけれども温かみのある声でゆっくりと話しかけています。

その反対に
どちらかというと、支配的な、操作的な、表向きだけの人は
やたら甲高い声で、早口で、わざと楽しそうな大声を出しています。
そのような声の人で
お年寄りに寄り添うようなケアやリハを実践している人には出会ったことがありません。
たとえ、言葉で「お年寄り主体」と言っていたとしても
よくよく行動をみていると、言っていることとやっていることが乖離していたりします。

対人援助職は、対象者の言葉や行動をチェックしているわりに
自分自身の声や言葉や行動に無自覚なことがあったりします。

他者の行動変容を促すのが対人援助職の仕事なのですから
まずは、自分自身の声くらいコントロールできないと…ね。

どんなに忙しい人でも
お金がない人でも
本を買って勉強しなくても
研修に出て勉強しなくても
今すぐにできることだと思う。

必要なものは、自分自身の心構えと実践の意思だけ。

記録することで思考回路のトレーニングになるように
声のコントロールをすることで思考の下支えとなる気づきができるようになると考えています。

その逆に
徹底して言葉の扱いについて考慮することで
声の重要性にも思い至ることもあると思います。

声があって言葉が響きやすくなるように
言葉があるから声が明確になる

どちらも大切ではあるけれど
対人援助の過程において
微妙な場面で
声は言葉にならない重要なメッセージを伝えてくれます。

逆に言えば
現実の多くの場において
対人援助職がそうとは自覚しないまま
無遠慮に声で伝えてしまっていることがいっぱいあるように感じています。

声の重要性については
H・S・サリヴァンや中井久夫や河合隼雄も述べているところです。

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
対人援助職のチェックポイント 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる