『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 輪くさり…幼稚に見えない工夫

<<   作成日時 : 2010/07/13 22:14   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

質感が今ひとつ伝わりにくくて残念ですが…

画像

   100円ショップに売っていたラッピングペーパーを使ってみました。


画像

   こちらは通常の折り紙を使っています。


このラッピングペーパーは
透け感があってキラキラしていてくさりを作ろうと手にした時に
とても綺麗なんです。

さまざまな色があるのですが、それぞれ光の当たり具合で色の感じが変わります。
これでお花を作るとまた綺麗なんです。
(近日中にお花の写真をアップしますね)

作っている最中の感覚も
完成した後の見た目も
とっても大切なのは
ちょっと想像してみればすぐにわかることだと思います。

OTの中には
「能力発揮が大事だから、見た目よりも『できる』ことが大事」
って言わんばかりの人や
実際にそう言ってる人もいるようですが
自分ががんばって作ったものが汚い仕上がりだったら
やっぱりうれしくないでしょう?
初めて挑戦したお料理が汚い仕上がりになっちゃったら
普通にガッカリするでしょう?

日々、喪失体験を積み重ねているお年寄りだからこそ
Actの選択って重要だと思う
何故、そのActなのかという必然性…

現実にはあまりに「できる」ことが優先されて
Actをどんどん部分に分解してしまって
「これができた」「ここならできる」って言う人もいるけど
それじゃあ、せっかくの「総体」としてのActの意義を
分解して「するように言われた仕事」のような意味に
貶めてしまっているように感じられてなりません。

そこまで考えられないというのなら
せめて見た目くらい配慮しましょうよ。
作っている最中も綺麗なもの
仕上がりが綺麗なもの
そんなの
今すぐにできることだもの。
こちらのちょっとした配慮と一手間だけだもの

本を読んで勉強したり
研修に出かけて勉強したり
お金をかけずとも
今すぐにできること

でも、今すぐにできることをきちんと実践している人って
案外、少ないんですよね…
なんでだろう…?













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
綺麗ですねー。

今日、夫のOTのリハビリの時”可愛いおばーちゃん”に会いました。
96歳だそうです。機敏に風船をOTの方とパスしてらっしゃいました。
「少し、背中が丸くなってますねー」
「そうなのよー、戦時中に仕事が無くて、山に芝刈り?に行って薪をしょったりしててなってしまったのよー」
って、本当にニコニコして楽しそうに話されてました。

近くにいる人たちがみんな微笑んで......。

speranzaさんのこの記事とはあまり関係ないけれど.....
書きたくなりました。
こんなおばーちゃん、になりたい!!



ひろまま
2010/07/13 23:05
先ず私ですが、「51才男性・頚髄損傷による四肢不全麻痺・入院期間約5ヶ月」です。
OTでは調理や裁縫も希望してやらせてもらいました。
完成した物をどうこうするというものではありませんでしたが、行為の目的を考えたとき、見栄えは二の次でした。
ただ、これを認容する為には「OTと患者の間で目的と手段についての相互確認と理解、承諾=契約」が成立する必要があり、できない場合は、おっしゃる通り(?)、出来る限りの配慮をもって行うべきと感じています。
ダラダラと書きましたが、賛同と言うことで。
td
2010/07/14 01:37
ひろままさん、コメントありがとうございます。

素敵なおばーちゃんですね!
私にも憧れのおばーちゃんがいます。
小柄で白髪で笑顔が柔らかくてお話される時の声も柔らかで…。でも、実は、ものすごいご苦労を乗越えてこられて、今なお、高名な方のカセットテープを聞いて学んでいるという…。
もう既にお亡くなりになられましたが、久しぶりにその方のお顔を思い出しました。
ひろままさんのコメントのおかげです。
ありがとうございました!
speranza
2010/07/14 22:34
tdさん、深夜のコメントありがとうございます。

行為の習得には、習熟という面があります。
どんな行為でも、道具や工程の工夫により見栄えを補える面もありますが、だからといって習熟という面がなくなるということもありません。

認知症をもつ方とそうでない方の1番の違いは、習熟が積み重ねの結果としてあらわれるかどうか…ということだと感じています。
だからこそ、認知症をもつお年寄りの見栄えに配慮するということの重要性をもっとOTは考えたほうが良いのではないかと思うのです。

tdさんのコメントのおかげで補足説明をすることもできました。どうもありがとうございます。

speranza
2010/07/14 22:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
輪くさり…幼稚に見えない工夫 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる