『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 幼稚に見えない工夫…ラッピングペーパーで作ったお花

<<   作成日時 : 2010/07/14 22:24   >>

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

お馴染みのお花紙で作るお花

…ではなくて、お花紙のかわりにラッピングペーパーで作ってみました。

画像


お花紙でお花を綺麗に作るには
折り目をきっちりつけることと
紙を破らないようにめくること
できるだけ中心までめくり上げること
…がポイントです。

お花紙は地域のお祭りや学校行事などでおなじみのActだから
たいていの人は見たこともあるし作ったこともあると思います。

でも
ポイントを押さえて作るのって結構難しいんですよね。
子どもの頃に紙を何度破ってしまったことか…(苦笑)

ましてや
指先の巧緻性や感覚が落ちてきているお年寄りにとって
結構、難易度の高い、難しい作業になってしまいます。

でも
このラッピングペーパーなら
丈夫だから破ける心配も少ないし、
きっちり折り目がつかなくても
折り目が揃わずにガタガタになってしまっても
出来上がりの見た目にはあんまりひびきません。
なんとな〜く綺麗にできます。

お年寄りの昔とった杵柄を活用して
素材を吟味することで
Actの過程を変えずに難易度を調整することだってできるんです。

こういうことって認知症をもつお年寄りに対して大切な視点、大切な工夫だと思う

でも、きっと少なくはないOTが
「Actを分解してる」んじゃないかな。
自分のやってることに無自覚で…
Actの工程の一部分だけやってもらって、残りの部分を他の人にやってもらって…って。

このやり方は、このやり方で意味があると思うけど
問題は、そこまで考えてるかどうか…だと思う。
おそらく大部分の人は
ここならAさんができる、こっちならBさんができる
ってそれだけだと思う。

こっち側が意図しているかしていないか
…それってすっごくすっごく重要なのに。

スティーブ・ジョブズは、いみじくも
「動機こそが大事」
と言いました。

本当にそのとおりだと思う。

ちなみに
こちらが100円ショップで買ったラッピングペーパー各種です。

画像


色を混ぜて作ったお花。

画像


重ねた真ん中は、ビニタイで結んでねじるとカンタン。
これも100円ショップで売っていた緑色のビニタイです。
(ちょこっと飛び出てるのがそれ)

画像




普通のお花紙を使って
Aさんは、折り畳む人
Bさんは、紙をめくり上げる人
って一部分だけやってもらった時と
AさんもBさんも、ラッピングペーパーでたたんでめくり上げて作った時と
どちらが達成感があるでしょう?

OTは、綺麗なものを作ることが目的でActをするわけじゃないけれど
どうせなら綺麗に作れたほうがプラスのフィードバックになります。
特に、認知症をもつお年寄りの場合には
失敗体験がないほうが望ましいと考えています。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
幼稚に見えない工夫…ラッピングペーパーで作ったお花 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる