『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS Activity「塗り絵」のちょっとひと工夫

<<   作成日時 : 2010/08/17 21:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

いまだに、幼稚園児がやるような塗り絵課題を提供している人もいるようですが(苦笑)

たくさんのお年寄りが
老健やデイサービスを
「幼稚園のようなところ」と考えているという現実を
もっとしっかり受けとめてほしいと思います。

幼稚園児がやるような
可愛らしい単純化された動物やら季節の絵柄の塗り絵やら
幼稚園児が歌うような歌やら…(苦笑)

おいおい
ちょっと待ってよ

たとえば
そういう絵柄を
自分の父親母親、実習でお世話になったバイザーにやれって言えるかい?

もし、言えないとしたら
ヘンだと思いませんか?

どうして、
対象者の方には言えて
両親やバイザーや恩師には言えないんだろう?

もうひとつ
単純化されたイラストって
認知症をもつ方には、そのイラストがなんなのかを理解するのが難しいんです。

たとえば
単純化されたイラストのカボチャを赤色に塗った人がいたとしたら
カボチャじゃなくて、トマトだと思ったから
赤く塗った可能性だってあります。

それは
私たちにだってよくあることだけれど
下手な似顔絵を見て誰だか当てるのが難しくても
写真を見れば誰だかすぐにわかるっていうことがあるでしょう?

人の顔の特徴を
明確に把握して表現する…って、とても難しいこと
そのうえで、その特徴から誰かを類推することができる
双方が成り立って、初めて、似顔絵から特定の人物を当てることができるんだもの
でも、写真はありのまま、そのままだからね。

だから
私はもうずっと前から
市販の塗り絵教材は使わない
(最近は、大人のための…って教材が市販されるようになりましたね。
 ただ、あれは仕上げるのに時間もエネルギーも結構必要な難しさがあります…)

私がよくやるのは
水墨画の絵柄をコピーしたり
いろはかるたを書き写して拡大コピーしたり
といった方法です。

たとえば、こんな風に。

画像


下絵と用紙の大きさも加減できるし
他にも、これにはすごく良いところもあって
それは、二段構えのActだというところ。

たとえ、途中で塗り絵が飽きちゃったとしても
前の時には、塗り絵を希望していたはずなのに
今日いったらそんなこと忘れていてやりたくない
…って、突然、言われたとしても
無理矢理?説得して?塗り絵をやらせたりせずに?
「塗るのは、また今度」
「ところで、このいろはかるたの『は』って何でしたっけ?」
と、会話のほうへスムーズに切り替えられる
二段構えのActなのです。

その人らしさ…とか
意思尊重…とか
いろいろな美辞麗句がうたわれますが(苦笑)
自分ができる工夫っていっぱいあるのに…と思います。
それも、今すぐに、お金もかからず。
ただ、やろうとするかどうか…の。

そういう、丁寧さをきちんきちんと実行する
ってことが大事なんだと思います。

そんな準備が面倒…なんていうのは
こっち側の理由だもんね。

目の前の人にとっての
わかりやすくて
やりやすくて
困らなくて
…そういうのが、まず、最初の選択基準になると考えています。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Activity「塗り絵」のちょっとひと工夫 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる