『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 話し合い

<<   作成日時 : 2010/08/03 23:28   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

対人援助職の場で話し合いが有効に機能している職場って少ないように感じています。

たぶん、幼少の頃から「有効な話し合い」の体験が少ないから
どのように話し合っていいのかわからない/知らない
話し合いが形骸化していて機能しないことにあきらめている
…などの理由があるのではないかと思います。

具体的には…
論点からズレた話をする
論点を修正できる人がいない
意見ではなくて感想を言う
提案ではなくて否定する
意見を言わないで黙っている
などなど…

話し合いのルールを参加者が知っておくことは重要だと思います。

けれど、根本的には
話し合いが有効に機能するためには
相手と自分への信頼が必要だと思う

話し合ったからこそ、より良い合意形成ができるという信頼

かつて
イロコイ族の人々が
7世代後の人々と環境の幸福を念頭において議論した
…ということは本当にすばらしいことだと思います。

そして
ここに、それぞれの場で話し合いを有効に進めるヒントがあるのではないでしょうか。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
>話し合いが形骸化していて機能しないことにあきらめている

一つに絞ることは無いのでしょうが、私の経験では「これが多いのかなぁ」と思います。
「話し合い」の場のネーミングも一考の余地があるのではないかと。

ちなみに、
>たぶん、幼少の頃から「有効な話し合い」の体験が少ないからどのように話し合っていいのかわからない/知らない

のであれば、主催者としてはそれを考慮した上で経験を積ませる努力が必要になるのではないでしょうか。
td
2010/08/04 22:29
8/2にコメントさせていただいたnsです。
昨日、神経内科の受診日だったので、Drに麻痺のことを聞いてみたのですが、いまいち分からないようで、最初は弛緩しますが、その内強くなりますよ!ということでもう聞くのはやめにして帰ってきました。
今お世話になっているOTの先生も柔らかいですね、いいですよ。と言うばかりで・・・・私の質問の仕方が悪いのか(私自身良く分かってない)・・・
聞きたかったのは、弛緩麻痺の状態なのかという事と
だとしたら、どういう事に家族は気をつければいいのかと言うことだったのですが。。。夫は手首から先がまだ動きません。OTの先生はこういう状態の場合僕らは何も手立てがないのですよ!とおっしゃいます。PTは少しでも歩けるのだからと卒業させられました。患者と家族は
speranzaさんがお書きになっているように、「今どんなリハをどのようにしていけばいいのか」が知りたいだけなのです。方向性さえ示してもらえると、安心してリハビリが出来るとのに!愚痴になってしまいました。
すみません。
ns
2010/08/05 18:55
tdさん、コメントありがとうございます。

基本的な話し合いのルールを知らないという人が圧倒的に多いように感じています。
話し合いの「場」で、今、何が起こっているのかわからないという状況になってしまっている…だから、修正できないという悪循環も…。

ですので、tdさんのおっしゃるとおりに、まず最初に話し合いのルールについての開示と共有化を明言してからでないと有効に機能しないという現実があると感じています。(それでも難しいことも…)
speranza
2010/08/06 21:17
nsさん、コメントありがとうございます。

おそらく現在は筋肉を触ってみると、ふにょとした感じではないでしょうか。筋肉が弛緩していると関節が動きすぎて痛めてしまうおそれもあります。
特に気をつけなければいけないのは、肩です。
決してムリに動かすことのないように…
また、麻痺している側の手を引っ張って起こしたりなさらないようにお気をつけください。
それ以外の点については、担当OTにしてはいけないこと、運動はどんなことに気をつけたらいいのか、時間を置いて「もう1度詳しく教えてほしい」とお尋ねになってみてはいかがでしょうか。
また、「柔らかいですね。いいですよ」と言われたということは、「現在は筋肉にまで硬さがあらわれてはいないけれど、今後は硬くなる可能性もあるということでしょうか」と確認なさってみてはいかがでしょうか。

それから、既に実行されていたら大変申し訳ありませんが、いざ質問…となると、案外、聴き忘れることも、聴いたことを忘れてしまうこともあるものです。
必ず、メモを持参なさることをおすすめします。

nsさんとご家族にとって、良い方向に動く日が1日も早く訪れることをお祈りしています。
speranza
2010/08/06 21:31
親切な回答をありがとうございます。

こんどのOTのリハの時に再度確認してきます。
メモも忘れずに!

いつも、なるほど!とうなずける内容をありがとうございます。こんなにも真摯に考えてくださっている方がいるんだ!と勇気をいただいています。
暑さに負けないで、どうぞお体ご自愛ください。
ns
2010/08/06 22:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
話し合い 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる