『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 作業を活用できるように

<<   作成日時 : 2010/10/04 21:52   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 5

私は作業療法士です。

画像


過去の記事にも書きましたが
私はずっと
作業Activityの意味を
自分がどうしたら理解できるように、活用できるようになるのか
ずっと考えてきました。

今までは
全国老人保健施設協会 全国大会に何度か発表してきました。
(おかげさまで、京都大会では奨励賞をいただきました!)
今度は
作業療法学会に発表しよう…と思っています。
(前に発表したのは何年前だろう…?)

そして
そう思っっていたら
今度の学会のテーマが
「意味のある作業の実現」です。

第45回 日本作業療法学会
http://otgakkai.com/index.html

私が発表しようと思っていたことと
ぴったり一致しています。
(具体的にはまだ方向性もまとまっていないのですが…苦笑)

以前の記事にも書いたように
知識は
対象者にあてはめるのではなくて
対象者に役立つように活用するためにある
と考えています。

同じように
作業Activityは
対象者にあてはめるのではなくて
対象者に役立つように活用するためにある
と考えています。

けれど
どうも、最近は「できる」ことを優先して
作業Activityを工程ごとに分解して分担して…という方法論をとっている人が多くて
??? と感じています。

そのような方法論で
「これができる」「ここができた」といっても
果たして、本当に対象者にとって
「できた」ことが「意味ある」ことになっているのか?
という疑問を抱いています。

だって、そういう方法論って
「これしてね」とこちらが言ったことを「してくれた」
ということでしょう?

日々、喪失体験を重ねている
日々、死のほうから迫ってくる

そんな風に生きているお年寄りにとって
それだけでは、エンパワメントにならないどころか
逆効果になってしまって
お年寄りの心を開いてくれないようになってしまうのではないか
…と危惧しています。

で、
そう思うんだったら
異なる方法論を提示してみせなきゃ…ですよね?

こういうことについては
機会をいただくごとに
お話してきましたが
自分から機会を作る…のも、テ。ですよね?

そんなわけで。がんばるぞぉ〜!

…最近、こんなオタケビばっかり。ですが(笑)

ちなみに
「作業療法」について、お知りになりたい方はこちらもどうぞ。

社団法人 日本作業療法士協会
http://www.jaot.or.jp/










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
書き込みながら言うのもなんですが、回答は無くても構わないと思っています。
で、疑問ですが、何故「Occupational Therapist」が「作業療法士」と訳されるのでしょうか(「Occupational」の訳が「作業」と言うところですが)。
td
2010/10/05 21:21
私が学生の時に聞いた話では「ピッタリくる日本語訳がなかった」と聞きました。
職業療法では狭義の意味になってしまうし、Occupyが意味する「占める」「心を占有する」という原義に値する日本語が見当たらなかった…と。

Activity作業、活動を手段として、Occupy心を占有するような状態が人の心身の健やかさに寄与する…定義の段階から手段と目的とが微妙に交錯しているようにも感じます。

tdさん、お答えになっていればいいのですが…。
speranza
2010/10/06 20:31
ご回答に感謝します。
やはり訳には苦労されたのですね。
難しそうなので、患者としての実体験と重ね合わせて、もう一度ゆっくり考えてみようと思います。
本当にありがとうございます。
td
2010/10/06 21:05
tdさん
ご丁寧なコメント、おそれいります。
ありがとうございます。

もし、よかったら…ですが
患者さんとしての実体験からtdさんが考えられたことを教えていただけたら私も勉強になります。
speranza
2010/10/07 21:06
こんにちははじめまして 私は9月まで大阪の箕面リハビリステーション病院に入院してました、 作業療法士さんの仕事て本当たいてんだなぁと思いました 私の担当だった作業療法士さんも必死で リハビリしてくれて 歩けなかった足が歩けるようになりました今は作業療法士さんに感謝してます 退院後不安いっぱいだけどなぜか寂しい気分です。今も手がマヒ状態 時どきありますが 股間節また外れたらどうしょうと思ってます 手術した時に同じ病棟のお姉さんに聞いてるしね 手術やりなおした
チャーコ
2010/10/20 17:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
作業を活用できるように 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる