『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 案外、見落とされている食事介助のあれこれ その6

<<   作成日時 : 2010/11/21 20:01   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

1番重要なことを書き忘れてた…。

1番、重要で
誰にでもできることで
今すぐにできることで
それなのに
ほとんど全くと言っていいくらい
省みられていないこと

それは
食事場面において
職員が私語を慎む
ということです。

ほとんどたいていの施設で
お年寄りの食事介助をしながら職員同志がおしゃべりしている
…という図式がみられると思います。

(もちろん、そうでない施設もきっとあるとは思いますが、少数派でしょう)

このことは
職員が無自覚に明確にお年寄りに「伝えて」しまっていることがある
ということをあらわします。

それは
あなたの食事の様子を確認するよりも
職員同士でしゃべっているほうが楽しい
ということであったり
食事介助=口の中に入れる
であって
食事介助=お年寄りが食べることの援助
ではないと考えているから
お年寄りの食べ方や食べる時のありよう
といった「質的」なことへの無関心さ
であったり
認知症をもつお年寄りは言語理解が量的質的に低下していたり混乱している
ということへの配慮のなさ
であったり
…といったことを自らのありようを通して伝えてしまっています。

逆の立場で考えてみれば
すぐにわかりそうなものなのに…

研修に出たり
本を読んで勉強したり
時間もお金もかからなくて
今すぐに誰にでもできることなのに…

たとえば
レストランに食事に行って
食事を運んではくれるけど
それ以外の時にホールで職員同士でおしゃべりに興じていたら
感じ悪い…って思うでしょう?
ちゃんとしたお店なら、そんなこと絶対あり得ないし。

「いろは」の「い」ができない人に
「ん」ができるわけないじゃん。

まずは「い」を丁寧に
次に「ろ」を確実に
それから「は」にも挑戦して
いつかは「ん」ができるようになることをめざせるようになるのだと思う。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
案外、見落とされている食事介助のあれこれ その6 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる