『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 認知症のある方への関わり方

<<   作成日時 : 2010/12/06 21:40   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

BPSDは、単なる症状だけではない

もちろん、ベースには症状としてのBPSDがあるけれど
複合して、ケアする側との関係性で起こっている部分もかなりあります。

この根本的なことを押さえておくことが何よりもまず重要だと感じています。

そして、今、とりあえず何ごとも起きないからといって油断できません。

今、表面的には何ごとも起こっていなくても
将来、表面化することの原因を作ってしまっている
そういうおそれは、たくさんあります。

いろいろなケアの本って
シロクロ極端すぎるように感じています。

BPSDは、あくまでも病気としての症状だから薬物療法!とか
とにかく、笑えること、楽しいことをすればOK!とか

実際には、症状と関係性の両方が複合して起こっているから
わかりにくいんであって
シロクロつけられるものじゃあない。

でも、逆に言うと
丁寧にみていけば、症状を明確にすることもできる可能性があるってことなんだよね。
(そして、能力も)

「大声」とか「暴力」とか「介護抵抗」とか
「名前をつける」のはカンタンだけど
「名前をつける」だけじゃあ、私たちには「役に立つ」ことを提供できない。

私たちの仕事は
「名前をつける」=診断じゃなくて
ケアだったり、リハだったり…「役に立つ」ことだもの。

今は、ちょっと忙しいけど
そういったことをぼちぼち書いていこうと思います。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
認知症のある方への関わり方 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる