『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 「老いの未来図:反響特集」にペンの力を思った

<<   作成日時 : 2011/02/12 22:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

丁寧な取材と心に残る後記…

毎日jpより
『老いの未来図:反響特集 認知症の夫抱える妻「私も同じ思いした』/千葉(2011/2/2)
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20110202ddlk12040117000c.html

記事からは
ご本人とご家族の切迫した様子がありありと伝わってきます。
非難する意図はまったくありませんが
残念なことに混乱の中で悪循環に陥っているように感じました。

認知症の診断を受けた
デイサービスを利用している
…と記事の中にあるのだから
対応について具体的なアドバイスは受けておられないのだろうか
…というのが、まず記事を読んでの率直な感想でした。

介護保険が始まり
「箱」の選択肢はずいぶん増えたと思います。

けれど、その「箱」の中身はどうでしょう?

あまりに、「箱」によってバラツキがあるように感じられてなりません。

「箱」を動かしているスタッフは
ご本人の能力と特性と困難を知っているのだから
かなり、具体的なアドバイスができるはずです。

しないほうがいい対応
望ましい対応
をエピソードとともに具体的に伝えることができるのが
ご本人を直接ケアしているスタッフの強みです。

それができていたのだろうか
(抽象的なことは言えても
 具体的に助言できる人は限られています)

できていたとしてもあまりに介護者がいっぱいいっぱいだったのか
その精神的サポートはどうしていたのだろうか

同じ対人援助職として
私としては、そちらのほうが気になりました。

記事の中に
危機的状況、仕組みの崩壊
という言葉があります。

仕組みのただ中にいる私としては
介護保険という仕組みそのものが悪いとはどうも思えないのです。
仕組みをきちんと機能させられるように
私たち対人援助職にまだ成長成熟の余地が大いにあるのではないかと思えてなりません。

そして
介護保険の利用者も介護保険の従事者も
誤解しているように感じていることがあります。
それは、高齢者の問題を介護保険だけに負わせようとしてはいないか
ということです。

介護保険というのは、いわば掛け捨ての保険です。
掛け捨てのメリットといえば
安い保険料でいざという時に最低限の保障がある
ということです。

当初から介護保険はそのように設定されていたのです。

介護保険が始まってから
噴出してきたもろもろの課題は
果たして本当に介護保険そのものの機能不全でしょうか?
私にはとてもそうは思えません。

認知症のある方への対応など
予測を大きくはずれたものも確かにあるでしょうけれど
介護保険を「使う」側の私たちにも
「箱」を使えば問題がなくなる…という安易な見込みがなかったわけではありません。

それは
今、現在でも
療法士のいる「場所へいく」ことが
「リハビリ」だと信じている人の多さからいっても明らかです。

「箱」という現実に露呈している問題は
実は、「箱」をどう活用するか…という人間の側に問題があるように思えてなりません。
それは、どちらの側にとっても。

介護保険がスタートした時に
日本に革命を起こす…と言った担当者がいたそうです。
その可能性も確かにありました。

でも、現実には
介護保険の理念というものが表面的にしか受けとめられずに
いつのまにか「箱」の外枠だけが動き出していく

契約という概念や
自立支援という概念
PDCAサイクルとしてのリハ実施計画書

すべて、運用の段階で概念も理念も薄められていったのではないでしょうか

改正、改訂のたびに
対人援助職用の掲示板が
「どうなる?どうする?」と賑わったことでも証明されています。

明治維新で欧米のスタイルだけをそのまま援用したことと
ほとんど変わらないことが今また形を変えて起こっているように感じられてなりません。

「現実を直視する」

取材後記にもデスク後記にも出てきた言葉ですが
本当にここからしか始まらないと思います。

このことをこんなにも強く問いかけてくるペンの力というものを
まざまざと感じさせられました。

今、本当に必要なことは
声高に叫ぶことではなく
足下を見つめ
自分にできることをきちんきちんと実行していく
形をつくれたなら、それを伝えていく
その一方で
たとえ一時的に辛くとも
現実を直視するという作業を
みんなでおこなっていかなければならない
その覚悟をする…ということのように感じました。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「老いの未来図:反響特集」にペンの力を思った 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる