『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 現状改善への努力の方向性について

<<   作成日時 : 2011/03/27 20:41   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

たった1人でも状況は変わる。

だから
まず、自分がやればいいだけなんです。

どこかで
OTはチームアプローチの大切さと自身の実践遂行とをごっちゃにしていると感じています。

チームアプローチは大切
機能したらとてもいいと思う

でも
自分1人ががんばっても何もできない
ということと同義ではない

自分1人ががんばったって
…って言う声をときどき聞きます。

でも、それは違う

その人の苦境は察するけれど
たった1人でも状況は変えられる

もし、変えられない…というのなら
それは、変えるに値するだけの実践ができていないのだということ
自身の実践を深める努力にふりわけたほうがいいです。
他職種を批判するのではなく

私は今、認知症治療病棟に勤務しています。
ご自宅や老健などの施設で
いろいろと工夫しても難しい…という方が入院しておられます。
重度のBPSDのある方でも変わる
学習している、環境適応している…という体験を多数積み重ねています。

たった1人でも状況は変えられる

これは、私が現実に体験していることです。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
現状改善への努力の方向性について 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる