『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 認知症のある方への対応の工夫

<<   作成日時 : 2011/03/16 23:24   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

これから、一歩前進しそうな予感。

だからこそ
必要に迫られて作ったマニュアルが新たなマニュアルを作り出す
…なんてことにならないように
気をつけていこうと思う。

前進する時に
逆戻りしたりせずに、そのまま進んでいけるように…!

柱はいくつか。

1番重要なことは
ケアの統一、対応の統一…なんて絶対ダメ。
統一するのは、どういう状態で何が起こったのか…の意識化が必要という自覚。

大抵の人が
「何が起こったのか」ばかり見ていて
「どういう状態」を見落としている
その上、見落としている…ということの自覚がない。

こんな現状があるのは
まちがった教育のせい。

OTに対しての教育だってそう。
「OTは認知症に対しての対応ができます」って宣伝してるけど
現実は…たくさんのOTが困ってる
それは、どう考えていったらいいのか
教えられていないから

ケアの世界だって
「相手の言ってることは否定しない」くらいしか教わらない
認知症の病気についても
認知症の障害像についても
教わってない

もちろん、私だって教わってこなかった

でも、痛切に感じてきたことは
○○という方法論がいい
…などと言っている間はダメだということ

Aという方法論はBさんによくても、Cさんにはよくない
…なんてことはザラにあります。
(当たり前なんだけど)
それなのに、Aという方法論はよくない…という一足飛びの結論になるのはお門違い。

考え方をこそ明確にする必要がある
ということを感じてきました。

例のごとく
カゲキな表現もあるかもしれないですが
ちょっとずつ文章化していこうと思います。

カゲキかもしれませんが
確信をもって書いていますし
真摯に日々の臨床に従事している人には
「漠然と抱いていた感じがはっきり言葉になってる」
「自分が感じていたこと、言いたかったことはこういうことだったんだ」
って思ってもらえると思います。

↑こういう書き方がカゲキですが…苦笑。

では、あらためてこれからもよろしくお願いします。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
認知症のある方への対応の工夫 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる