『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS びっくり!

<<   作成日時 : 2011/09/03 21:15   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

たくさんのご訪問、ありがとうございます。

「望ましくない食事介助がおこなわれている?」
http://yoshiemon.at.webry.info/200509/article_67.html

の記事に
いつの間にか、8326アクセスも!

たくさんの方のご訪問、どうもありがとうございます。

と、同時に
この記事は、2005年に書いたものですが
状況がなかなか変わっていない…ということも示していることを思うと
単純には喜ぶ気持ちにもなれません。

食事介助って
少なくないヒトが
「口の中に食べ物をいれてあげる」ことだと勘違いしていると思う。

本当は
食事介助って
「その人が食べることを援助する」ことなんだよね。

「食事」を通したコミュニケーション。

どう介助したら
少しでも安全に食べられるのか

どう介助したら
少しでも食べやすくなるのか

わずか、コップ1杯のトロミのついたお茶でも
食べ方(飲み方)が変わる方をたくさん見るにつけ

口腔関連の筋の不随意運動の激しい方でも
ゼリーの食べ方が変わるのを見るにつけ

重度の心身の障害のあるお年寄りの方が
環境に対して
適応しようと、学習しようと
し続けているということを実感させられています。

必ず言われるのが
「わかってるけど時間がないから」

時間がかかるのは切り替え時の最初だけ。
いったん、お年寄りの食べ方が切り替わったら
以前よりも確実に早く、安全に、きれいに、食べることができるようになります。

古くて新しい食事介助の課題。

この記事が読まれる…ということは
その課題が解決されていないということ

いつか…
○○年前の人たちって
こんなことを書いたり読んだりしてたんだ…

そんな風に言われる時代が来ることを願って…




画像










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
びっくり! 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる