『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…

アクセスカウンタ

zoom RSS 安全で便利で快適な暮らしにそこなわれたもの

<<   作成日時 : 2011/10/02 21:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

暮らしそのものと私たちの在りようとの関係性

たとえば
ボタンを押せば、真っ暗な部屋も明るくなる
ボタンを押せば、洗濯物が洗いあがる
ボタンを押せば、ご飯が炊きあがる

…などなど。

ボタンを押せば願いが叶う
意図して動けばその通りになる

だから
ボタンを押してるのに、部屋が明るくならない時には
ボタンの押し方が悪かったなどとは考えない
停電か電球が切れたのか…と考える
ボタンを押してるのに、洗濯物が洗えない時には
ボタンの押し方が悪かったなどとは考えずに洗濯機の故障を考える
ボタンを押してるのに、ご飯が炊けない時には
ボタンの押し方が悪かったなどとは考えずに炊飯器の故障を考える

日々の暮らしがこうなのだから
私たちの生き方やモノの考え方がそうなっても当然の帰結かも

ボタンを押して願いが叶わなかった時には対象の故障
意図して動いたのに、その通りにならなかった時には対象のせい

「こうすれば問題解決」という方法論が流行るのは当然の帰結か

そしてまた、問題解決しなかった時には方法論が悪い
他の方法論はないのか
もっと良い方法論を

いつでも誰でもちゃんとできる方法論が必要

それを安易に望んだばかりに

暮らしの中の身近な場面で
「人の手が扱う道具」だったモノが「ボタンを押す」機械へと商品化されていったように

そのような暮らしの中が当たり前なのだから
その時その場のその関係性についてふりかえったり
自らの感受や思考や判断を自覚したり
そういった自らのはたらきを活性化しなくてもすんでしまう
結果として
自らのはたらきを抑圧しそこなってしまう

安全で便利で快適な暮らしが
人間らしさをそこなっている

だから
対人援助の職においても
意図と現実との間に大きな乖離が目立っているのではないだろうか

「その人らしく」
「その人によりそって」

あまりによく見かける言葉だけれど
日々の一コマ一コマにおいてどういうコトを意味するのだろう

尊重と迎合とは違う

その時その場のその関係性において
「その人らしく」
「その人によりそって」
というコトはどういうコトなのか

そこにはマニュアルとは真逆の世界
その時その場のその関係性において
感じ、考え、選択する世界

そのような自らのはたらきをふだんから活用していない
鍛錬されていない人が
突然使えるようになるわけがない

けれど
ボタンを押せば願いが叶うのが当たり前だから
意図すること=意図が現実化された
ということを疑うことすらできない

生じた相手の違和感に対しては
結果として
せいぜいが、丁寧な言葉を使い、相手の言っていることを受け流し言いなりになる

そんな場面が多々あるのではないでしょうか

私たちはそんなことを本当に望んでいたのでしょうか

でも、双方の無自覚の要請によって
そのような現状があちこちで起こっている

だから
一生懸命がんばろうとする人ほど心身を消耗してしまう

安全で便利で快適な暮らしが損なってきたもの

対象者にとっても
対人援助職にとっても

自らの人間性そのもの

最も必要とされる場で最もそこなわれている

そんな風に思えてなりません











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安全で便利で快適な暮らしにそこなわれたもの 『 Buon Giorno!』 作業療法士Sより…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる